野球改革

【雪国の野球練習】雪かきこそホームランバッターへ近道の理由。

今年は雪が多くて練習ができない…雪がない地域との差が広がるなあ…なんて諦めないでください!

本日はそんな雪国の少年に贈るホームランバッターへのトレーニング法です。それは…雪かきトレーニングです。

野球くん
野球くん
は!?雪かきが何のトレーニングになるの?
あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
バカにしてるでしょ怒。雪かきはホームランバッターへ近道の理由を検証しましょう。

フィジカル強化が注目されてます

野球の練習って技術的な練習だけではありません…最近ではフィジカルも重要視されてきてます。

まずは…

ダルビッシュ有選手のtweetをみてください

ダルビッシュ選手がソフトバンク対巨人の日本シリーズは「フィジカルの差」と実に興味深い発言をされてました。

とあるtweetでは小さいうちは技術よりフィジカル…なんて言葉もありましたね。

あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
確かに…少年野球でろくに練習もしていない体の大きい子が大会でバンバンホームランを打つ…なんてのがわかりやすい例でしょう笑。

それぐらいフィジカル強化は重要なのです。

雪かきトレーニングの効果とは!?

さて…フィジカル強化が重要だとわかった上で、雪かきがフィジカルにつながるのでしょうか?

結論から言いますと…雪かきはメチャメチャ、フィジカル強化になります。

雪かきでは、どんな体力要素が発揮されるでしょうか?

除雪は全身を使う運動です。

例えば、雪をスコップで切り出して、放り投げる一連の動作を分解すると、各動作で、腕、脚、腹、背中など身体の色々な箇所が使われていることがわかります。

スコップを使った除雪を行っている際の筋電図をみると(図1)、持ち上げ、投げ出しの時に、第三種のてこの力(F)には、上腕二頭筋、三角筋前部(図2)および脊柱起立筋(図3)が働いています。

第一種のてこの支点となる腰椎の椎間板にかかる力は、重量物(雪)と支点からの距離(L)が長くなるほど圧縮力(椎間板を押しつぶす力)が強くなり、持ち上げる力(背筋力)は過大となります。

 

スノーダンプを使った除雪作業では、押す時に、前腕筋群、上腕筋群、大胸筋、脊柱起立筋、脚筋群など多くの筋力が発揮されている様子が筋電図で確認できます。

参照:雪かきの体力化学

ホームランや長打を打つのに必要な筋肉で特に大事なのが背筋や下半身と言われてます(一般的に)が、そこはもちろんカバーされてます。

それに加え上半身の強化にもつながり、雪かきは体全体のフィジカル強化になるのです。

野球で鍛えられにくい部分もしっかり強化できますから、雪かきってメチャメチャ凄い!

あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
筋トレジムなどに行くと高額ですが、自然の雪でトレーニングしますからタダです笑。コスパ最強の筋トレなのです。
スポンサーリンク

締めはプロテイン


汗をかくほど雪かきトレーニングをした後は、プロテインを飲むのがおススメです。

筋トレもそうですがトレーニングあとは筋肉繊維が傷ついております。それを補うのがタンパク質です。

トレーニング後、30分~1時間以内の摂取がもっとも効果的と言われております。(筋肉のゴールデンタイム)

野球選手って長時間の練習しがちですが、必要なタンパク質を食事だけで補いきれないといわれております。

必要タンパク質を摂取しないと、せっかく鍛えた筋肉や脂肪などを分解してタンパク質を作るという恐ろしいことになってしまいます。

あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
 苦労して鍛えた筋肉はキープしたいですよね。そのためのプロテインです。

ぼくの息子は…動画(2番目)でも紹介しているホエイプロテイン(マイプロテインインパクトホエイアイソレート)を取ってます。

理由は…ホエイ系は吸収が早いので運動直後のタンパク質の補給に最適ということと…家計に優しいということです。

高いプロテインですと1か月1万円弱くらいします。コチラはまとめて買えば買うほど安くなり現在のウチの1ヶ月の単価は3,000円を切ります。

初めての方は味の飲み比べセットでお子さんの好みを探しましょう!参考までにリンク貼っておきます。

ウチが愛用している1ヶ月単価3,000円を切る5kgセットはコチラです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

雪国でもホームランバッターが育つ可能性はあるのです。

野球くん
野球くん
なるほど…具体的なトレーニングの効能がわかればヤル気もでますね。
あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
そうでしょう!せっかくある雪を活かしましょう!
本日のまとめ
  1. フィジカルは技術を超える!?
  2. 雪かきは体全体を鍛えるコスパ最強の筋トレ!
  3. プロテインでタンパク質を補い筋肉崩壊を防げ!