野球改革

【野球界】鉄拳制裁について考えてみた。

石毛氏がプロ野球界を含めてスポーツ界に「ある面では鉄拳制裁はやむを得なし」「厳しい対応接し方をして免疫を作らないとだめになる」との見解を示した。

たしかに…昔のPL学園の縦社会について、「あれを経験したらプロの方が楽だ」と言っているプロ野球選手がいたが、石毛氏が言っていることはそういうことなのでしょう。

鉄拳制裁…

いまは家庭でも学校でもゆとり教育です。先生が生徒に敬語使っている時代ですよ…w。そんな子たちがいきなり鉄拳制裁されたら鬱病になりますよね。

確かに…

時代背景が違いする…

制裁ってなんでしょうね…

最近話題のジャイアンツ・阿部2軍コーチの罰走がそれにあたるのでしょうか。

 

例えば…負けたら、殴られる、走らされる。負けたら制裁、罰ゲームみたいな感じ?

いや、何かが違うような気が…

川口和久氏が素晴らしいことをおっしゃってました。

川口和久氏
川口和久氏
プロ野球の制裁というのは、給料がガタンと下がること、育成に落とされること

確かにプロ野球の罰ゲーム、制裁はその通りだと思いました。厳しくも、ある意味シンプルです。

 

では、少年野球や高校野球の制裁って?

結果出さないと補欠だということです。それが最良の制裁ではないでしょうか。