野球改革

【大学・高校野球】飲酒・喫煙・暴力で連帯責任、出場辞退は残酷すぎませんか?個人のことでしょう?

2018年6月東海大北海道,野球部員の未成年飲酒で全日本大学野球選手権を出場辞退しました。一部選手の過ちによりチーム全体が連帯責任を取る日本の風潮…あなたはどう思いますか?

昨夜、ぼくは怒りで一睡もできませんでした…イチ野球ファンでもこんな状況なのですから、一生懸命頑張ってきた野球部選手はどんな心境なのだろうか?考えただけでも涙がこぼれます。

高校の有名校でも2017年は仙台育英が生徒の飲酒喫煙行為で2018年には健大高崎が下級生への暴力で連帯責任を取り対外試合禁止処分を受けております。

日本の連帯責任重すぎやしないか?

事件に関係のない一生懸命頑張ってきた選手からも野球を取り上げるのか?

全日本大学野球選手権・辞退までの経緯

2018年3月  東海大北海道・野球部員29人が飲酒で対外試合禁止処分(処分期間:3月21日〜4月29日)

2018年4月 当時謹慎中だった部員が4月上旬に飲酒していたことが発覚

学校側は聞き取り調査を行い全日本大学野球連盟に事実関係を報告「度重なる未成年による飲酒行為を重く受け止め全日本大学野球連盟に出場辞退を申し出た」という。

なぜ出場辞退が今のタイミングなのか?

ここでいろんな疑問も残ります。2度目の飲酒発覚が4月上旬である。全日本大学選手権のかかる札幌六大学リーグ戦(4月末〜5月末)はいったいなんだったのか?東海大北海道のリーグ優勝はなんだったのか?

なぜ出場辞退が今のタイミングなのか?

2度目の飲酒発覚が4月上旬ですから調査に時間がかかったのだろうか?いや調査も何もないだろう。飲酒が発覚しているのだから…。謎が多い。

選手の心の傷は相当なものだ


まずは東海大札幌の野球部選手のメンタルが気になります。2017年仙台育英の対外試合禁止でも部内には動揺と憎悪につつまれたと聞いております。東海大札幌もいまそんな状況なのではないでしょうか…。

とくに大学4年生は二度と出場することのできない大会です。全国でアピールしてプロ野球や社会人野球に目に留まるなんてこともあったでしょう。この大会に賭けてきた学生も多いはず、そんな人生をも狂わせた。無念だろうな。選手のことを考えるだけで涙がでます。

選手によっては一生心の傷を負うレベルの事件なのです。

札幌六大学の他の大学の怒りも相当でしょうね。北海道六大学の春季リーグ戦はいったいなんだったのか?と…。

最後に心配なのは飲酒をした選手です。いま飲酒学生へのバッシングは相当なものだろう。過ちは過ちとして罪を償うべき。一生懸命頑張ってきた選手の人生をも変えたのだから…。

しかしここまで大きくなると野球はおろか一生這い上がれない。メンタル的には相当危ないと思われます。

連帯責任が重すぎませんか?

全日本大学野球連盟や高野連はこの連帯責任について考えるべきです。連帯責任で野球ができなくなることは選手にとって1番残酷なこと。

ダルビッシュがプロ野球入団後、喫煙で謹慎となりましたが、連帯責任でチームがペナント出場辞退しますか?監督が責任をとって簡単に辞任をしますか?

会社で社員が何か個人的な事件を起こして、経営を自粛しますか?社長は責任をとって簡単に辞任をしますか?しないでしょう。なんで高校や大学だけ連帯責任なのよ。

ポイントは団体か?個人か?なのです。

アメフト問題は選手、監督やコーチが絡んでいたので悪質な団体の問題でしょう。しかし今回の東海大北海道は個人の問題に該当します。

東海大北海道・出場辞退についてTwitterでの反応

まとめ


深いTweetが多いですね。ぜひ全日本大学野球連盟や高野連は目を通していただきたい。安易な連帯責任は選手の一生を左右するのだと。

学校側は不祥事がある都度、立場上辞退を届けるだろうが、全日本大学野球連盟や高野連は簡単に受理するな!

全日本大学野球連盟や高野連のやり方は「おまえら何か面倒なことやりやがったら連帯責任・対外試合禁止をとらせるぞ」という圧力だけでは改善にはつながらない。

こんな時代ですから全日本大学野球連盟や高野連は世論が恐ろしいのでしょう。しかし、どうか一生懸命やっている選手から野球を取り上げないで欲しい。選手を守ってあげて欲しいのです。

まとめますと…

  • 日本野球界の連帯責任が重すぎる。処分はやった選手だけで良い。
  • 全日本大学野球連盟や高野連は一生懸命頑張った選手を守る義務がある。
  • 全日本大学野球連盟や高野連は世論にビビりすぎ。
  • 連帯責任で試合できなくなることは選手として1番残酷なこと。

もうこんな悲劇はたくさんです。「日本野球界の連帯責任が重すぎる。処分はやった選手だけで良い」皆さんで声を上げていきませんか?

ABOUT ME
あとひれ
あとひれ
フリーランス野球マニア。敵は「変化を好まない野球関係者」。息子と7年後の甲子園目指してます⚾️好きな言葉「ありがとう、なんとなく」