プロ野球

【プロ野球】広島・ランスは日本の野球に壊された。


1987年の広島の助っ人、ランスって知ってますか?簡単に言えば、打率は低いが当たればホームランという超魅力的なバッターです。しかし日本ではたった2年でクビ…

野球くん
野球くん
安打の半分はホームラン!?そんなゲームみたいな選手いねーよw
あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
活躍したのは来日した1年だけだったけど、衝撃的なインパクトでしたね。

ランスの記事をまとめますと…

  • ホームランor三振
  • 打率218 39本塁打 83打点 114三振(来日1年目)
  • 早すぎたフライボール革命
  • ”タンスにゴン”をもじり”ランスにゴン”と親しまれた。

広島・首脳陣は打率の低さを指摘し、アッパースイング改造命令→調子を崩し三振も減ったが、ホームランも激減。

この記事みてとても残念だと思った…
当時少年だった僕は…ランスのホームランはいまでも覚えてます。たった1年しか活躍しなかったのにですよ。

そんな魅力的な選手を日本は潰してしまった。

80本の安打のうち半分がホームランですよ。なぜそこにフォーカスできなかったのか…

当時7番バッターですよね!?そんな2本に1本はホームランなんて選手が下位打線にいたら怖いって…

有無…残念だ。

本日、ぼくが言いたいのは、一つのことを押し付けて潰れていく…そんな選手が沢山いるんじゃないかってことです。

プロ野球に限らず、高校野球や少年野球までね…

昨日のジャンクスポーツで新庄が、

新庄剛志
新庄剛志
ぼくがバッティングのアドバイスをするばらば、今の時代はアッパー気味のスイングが良いと思います。それを小さいころからやるといい。もっといえば、結果がでればなんだっていいんです。

いまだに”上から叩け”オンリーを押し付ける、昭和な指導者たち。

極論、結果につながるならば、なんだっていいんですよ。新庄氏の言葉は真髄をついてます。

そういう意味でも長所を活かせてもらえなかったランスには残念です。

あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
イチロー選手や野茂選手を育てた”個の許容範囲”が青空のように広かった仰木監督だったらなー。