注目選手

【高校野球】大船渡・佐々木朗希投手MAX154キロで優勝候補撃破!佐々木投手の魅力とは!?

いや〜参りました。高2で154キロ出して優勝候補ぶっ倒してどうなっとるんじゃい!高校野球は岩手が熱い!予想以上ですね。Tweetでは早くも「夏の主役」なんて言われているようですよ〜。

高校野球岩手大会2回戦、大船渡11-2盛岡三。大船渡の2年生佐々木朗希投手が自己最速を更新する154キロを記録。11三振を奪ってシード校を撃破しました。

野球くん
野球くん
さっきから佐々木朗希選手って、いったい誰なの?
あとひれ
あとひれ
野球やっているのに知らないの?高校2年で154キロ。2018年高校代表候補にもなっていて全国で最も注目されている投手だよ。

 

 

高校2年生で154kmは高校初じゃないか?

高校2年生で154キロとは…。高校野球で初じゃないですか?

岩手の神様、菊池雄星選手や大谷翔平選手も高校2年生でもここまで球速は出していないはずです。本人は来年までに160キロ出すと豪語しているらしですよ〜。

球速を求めたい気持ちもわかりますが…ケガが怖いです。

球速は十分でしょ。個人的には変化球を含めたコントロールやキレを磨いてダルビッシュ選手のような本格派投手のようになっていただきたいですね〜。

普通はエースナンバーだが背番号20が渋い!

まあ、このような凄まじい実力の持ち主であれば高校1年生だろうと背番号1ですよ。普通はね…。エースナンバーではなく一番最後の番号には何か理由があるはずです。メッチャ知りたいですね。

Tweetのように監督さんが「さらに成長して欲しい」という願いを込めての背番号20なのでしょうか?

この実力で背番号20は渋すぎますね!逆に背番号1の選手が登板するとき可哀想な気が…。

地元から甲子園に行くことにドラマがある

大船渡第一中では軟式野球部に所属、3年生時にオール気仙で東北大会準優勝。東日本大震災で陸前高田市から大船渡市に移住しました。

「仲間と一緒に甲子園に行きたい」

強豪校からの誘いを断り地元の大船渡を選んだのです。

いまどきの漫画ではベタすぎるから採用されないぐらいベタですよね〜。とはいえ…ぼくは大好きですね。昭和の漫画大好きですもん!岩手の伝説を作るところをこの目で見て見たい!

いまどき難しい公立からの成り上がり伝説!観たいですね〜。

國保監督は地元では有名!?

國保陽平氏は地元では有名な超優秀な監督さんです。2017年春に花巻農業から大船渡に転任されました。

ぼくが実際に監督にお世話になった親御さんに聞いた話ですと、超効率練習で育成も上手い。2015年には甲子園ベスト16の花巻東に1点差負け…あと一歩でした。

公立校が私立強豪をここまで追い詰められるのは岩手では國保監督くらいでしょう。

2017年に花巻農業から大船渡へ異動。佐々木朗希選手と一緒になったのも運命!?

育成には定評がありますから、佐々木選手の成長には期待が持てます。いやプレッシャーのほうが大きいでしょうかね…。素材が素材だけに…。

さいごに

久々に高校野球地区大会で震えました。なんせ高校2年生で154キロですからね。菊池雄星選手や大谷翔平選手を観ていたときより震えたかもしれません。言いすぎでしょうか?

いや、決して言いすぎなんかではありません。また岩手に新たなヒーローが現れたのです。なんとか甲子園でピッチングを観たいです!

とはいえ…岩手大会を勝ち上がるのも容易ではありません。選抜ベスト8の花巻東・春岩手県大会準優勝の専大北上、そして一関学院、盛岡大付、盛岡中央という超えなければならない高い壁が何枚もあります。

佐々木投手の連投は難しいでしょうから、チーム一丸となって最高のドラマを期待しております。

あとひれ
あとひれ
見せてくださいベタな最高の漫画野球を!

 

 

ABOUT ME
あとひれ
あとひれ
フリーランス野球マニア。敵は「変化を好まない野球関係者」。息子と7年後の甲子園目指してます⚾️好きな言葉「ありがとう、なんとなく」