野球改革

イチロー「チームが勝てばいいはアマチュア」について考えてみた。

「チームが勝てばいいはアマチュア」イチロー氏が考える”個”の重要性です。

野球はチームスポーツですが個人スポーツでもあるという名言を残されてます。

あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
ぼくも軸にあるのは野球は個人スポーツだと思ってます。
野球くん
野球くん
何!?その考え方…断然チームスポーツでしょ。

あなたはどう考えますか?

野球はチームスポーツ!?個人スポーツ!?

例えば…

  • 少年野球で息子が役割を果たし大活躍したけど負けた試合。
  • 息子が全然ダメだけどチームは勝った試合。

ぼくは間違いなく前者を支持します。

とはいえ…決して負けてもいいというわけではありませんよ。あくまで優先順位1位はパフォーマンスを発揮できたかどうかです。

次がチームの勝利ですので、パフォーマンスを発揮&チームの勝利が理想です。

イチロー氏はチームが勝てばいいはアマチュアまでという考え方もありますが、

少年時代の選手の育成という観点で考えると、アマチュアでも個人スポーツという考え方になってきます。

少年野球から極度に勝ちにこだわりすぎるとどうなるでしょうか?

  • エースの連投
  • チームバッティング
  • バンドのオンパレード
  • レギュラー固定

など…ろくなことないですし、チームの勝ちにはつながるでしょうけど、子供の育成という観点からは疑問が残ります。

ここで筒香選手の少年野球への提言もご紹介しましょう。

筒香選手の少年野球への提言

  1. 強い打球を打つことが野球の楽しさにつながる
  2. 細かいことを言われず、フルスイングをたくさんしてきた子供たちが、後々にそれが役立つケースが多い
  3. 細かいことを詰め込み過ぎると小さくまとまってしまう。大きいスーパースターが生まれにくい

いかがですか?

ぼくは筒香選手の提言には震えるほど嬉しかったです。そんな思想を持ったチームに入団したくないでしょうか?

勝ちにこだわる野球は、高校からでいいような気がします。

それまではチームバッティング、バントは置いといて三振を恐れず強く振る、全員にチャンスを与える方が育成としては魅力ありますよね。

チームの勝利は優先順位2番目。それよりも選手個人のパフォーマンスが上がっているか!?を成果指標にすべきです。

スポンサーリンク

大阪桐蔭・個を高める時期はチームプレーを捨てる


大阪桐蔭もある時期、チーム練習をせず個人練習に重きを置くそうです。

その間はキャプテンも何もない個人戦です。自分の課題、長所などを伸ばすためにどうするか!?どんな練習をしたらパフォーマンスが上がるか!?を自ら考える。素晴らしい取り組みだと思います。

大阪桐蔭の西谷監督も「野球は団体スポーツですけど、個別性が高い」ということをおっしゃっています。

さいごに

さて…本日のクロージングですが…

チームが勝てばいいは高校野球です。

とくに小学校、中学校までは野球は個人スポーツという部分に重きを置くことでいいのではないでしょうか?まずは個人のパフォーマンスを上げること。

柔道だって個人戦と団体戦がありますよね!?それと一緒です。

まずは個人で戦えるだけのパフォーマンスを上げること。そして野球の試合は団体戦なのです。

あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
小学校、中学校のうちは個人スポーツでいい。あなたはどう考えますか?