甲子園

【高校野球】第100回甲子園・松井秀喜氏の1/120,000の始球式。野球の神様になった日。

全国高校野球・甲子園、100年の節目の開幕日は松井秀喜氏の日でありました。まさかの母校である星稜後輩をバックにした始球式にはじまり、星稜勝利で校歌を歌い、その夜TVで放送された高校野球総選挙でも第1位を獲得。

野球人としてこんな幸せな日ってあるのでしょうか?松井秀喜氏は野球の神様になったのかもしれません。

野球くん
野球くん
伝説の始球式に高校野球総選挙・甲子園100年の歴史で第1位ですよ。 凄すぎますわ。
あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
松井秀喜氏は野球の神様に愛され、そして自ら野球の神様になったと言ってもいいでしょう。 第100回甲子園開幕日・松井秀喜さんの伝説的な1日をおさらいしてみましょう!

星稜・後輩をバックに松井秀喜氏が始球式。

松井秀喜氏の開幕日の始球式はだいぶ前から決まっていたのですよ。それが星稜・竹谷キャプテンは見事、開幕戦を引き当てのです。

こんなことってあるでしょうか?ちなみに抽選で開幕戦を引く確率は12万8800分の1という事故レベルです。

この件はまあまあ話題になりました…いやいや、そんな程度で済ませられる案件ではないはずです。甲子園に語り継がれる伝説(レジェンド)といっていいでしょう。

松井秀喜氏はこうコメントされておりました。

今までプロ野球でもメジャーリーグでも夢のような舞台は経験したけど、なんだろう、今日は。野球をやめて初めてです。こんな日は。

この偶然は、やっぱり夢じゃないかと思います。あそこ(三塁側アルプス)に星稜のみんながいるんですよ。あの黄色を見ただけで、涙が出そうになるんです。

参照記事:松井秀喜さん「これ以上ない一日」 後輩勝利で校歌熱唱

 

あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
甲子園の神様っているのだなあ…ではなく松井秀喜さん自身が野球の神様になったのでは…と思えた瞬間でした。
スポンサーリンク

始球式・甲子園ならではのギャグ?「魔物に襲われた」

感動的ですよね。星稜の後輩をバックに始球式ですよ。12万分の1の始球式。

松井秀喜氏が投げた球は外角に外れました。それに対し「甲子園の魔物に襲われた」と甲子園ならではのギャグを放たれました笑。

あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
野球の神様(松井秀喜さん)はギャグのセンスもお持ちのようですね。

 

開幕戦を星稜元監督・山下氏と観戦

あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
松井秀喜氏はどんな気持ちで山下監督と観戦していたのでしょうかね。幸せすぎます。

 

開幕戦・星稜勝利で母校校歌を熱唱!

野球くん
野球くん
第100回甲子園の節目で母校をバックに始球式→山下監督と観戦→星稜勝利!→母校校歌を歌う!野球人としてこんな幸せなことあるかいなー。
あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
やっぱり松井秀喜氏は野球の神様になったんだよ!

#高校野球総選挙 第1位を獲得


…というわけで、始球式の興奮冷めやらぬ中…。その夜に高校野球総選挙がTVで放送されました。「甲子園に出場した選手でファンが選ぶ伝説の選手は?」みたいな企画ですよね。

 

あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
そこでも野球の神様の名前がありました… 。もちろん第1位です。
総選挙結果

1位・松井秀喜(星稜)

2位・松坂大輔(横浜)

3位・江川卓(作新学院)

4位・清原和博(PL学園)

5位・田中将大(駒大苫小牧)

6位・大谷翔平(花巻東)

7位・王貞治(早実)

8位・桑田真澄(PL学園)

9位・清宮幸太郎(早実)

10位・ダルビッシュ有(東北)

もちろん話題は明徳義塾との5打席連続敬遠ですが、ぼく的にはその敗退したあとのインタビューがまさに神対応でした。

悔しさをグッとこらえ「相手の作戦なので自分は何も言えません」と相手チームのことを悪くいうこともなくインタビューをされていたことはもう神様でした。

もし?ぼくだったら?暴れますよ笑。

 

あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
そんな武士(サムライ)的な対応が高校野球ファンに愛された要因でしょうね。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?高校野球100年の節目は松井秀喜氏デーとなりました。まさに野球の神様となった日といってよいでしょう。

高校野球総選挙第1位のインタビューでは「また新たな伝説(レジェンド)が誕生するのを一高校野球ファンとして楽しみですね」と神のお言葉。

ぼくも神様(松井秀喜氏)に少しでも近づける?そして超えるようなレジェンド選手を見たいです。それをこの世で一番望んでいるのは松井秀喜氏なのかもしれません。

あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
これで星稜が優勝したら?これ以上のドラマはないでしょうね。松井秀喜氏の星稜で始まり星稜で終わる。第100回は星稜の日本一!そんな気もしてきました!
この夏おすすめアプリ!
あとひれ
あとひれ
スマホでバーチャル高校野球を見よう!ダウンロードはこちら!

IOS

Android

ABOUT ME
あとひれ
あとひれ
フリーランス野球マニア。敵は「変化を好まない野球関係者」。息子と7年後の甲子園目指してます⚾️好きな言葉「ありがとう、なんとなく」