甲子園

【高校野球】2021年・第103回甲子園優勝予想。日本一はこの2校から出ます。

2021年・第103回全国高校野球選手権大会「夏の甲子園優勝校」日本で一番早く予想してみました!

夏も東海大相模の優勝で決まり〜と思ってませんか?いやいや違いますよ〜優勝はこの2校から出るでしょう(キッパリ!)。

※この記事は令和年6月4日に書かれたものです。

2021年センバツ優勝校は東海大相模でした。強打のイメージが強いですが、センバツは5試合で3失点という投手力、守りの堅いチームでした。

しかし…

なんと春季関東大会でまさかの初戦敗退でした。

やはり関東地区も戦国時代。夏勝ち上がるのは至難の技、センバツ優勝したことで全国のチームから研究されてしまうんですよねえ…。

あとひれ
あとひれ
さて日本で一番早い!「2021年・第103回夏の甲子園優勝校」を予想してみましょう!

◎健大高崎(群馬)

大本命は健大高崎です。

とはいえ…関東大会優勝は秋の成績。選抜も2回戦で天理に完封負け。

春季も群馬大会・準々決勝で敗退。

なぜ、それでも推すのかって?

なんといっても今チームは軌道破壊から長打破壊を言われるほどの打撃のチーム

チームのホームラン数は何といっても200本越えです…w。

いや、200本は秋の数字ですから夏前までには300本いくんじゃね笑。

もちろん1番から9番までホームランバッターです。っていいますか…ベンチ入りメンバー全員ホームランを打っているのはもちろんのこと、ベンチ外の選手までホームランを打っているのです。

逆に言えば、ホームランを打たない、強く振ることのできないバッターはベンチ入りできない…ということでしょうか。

ぼく…こういう野球好きですw。

野球くん
野球くん
レギュラーからベンチ外メンバーまでホームランバッターなんて…
あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
日本一のバッターの厚さですね。

現時点で攻撃力は日本一の層の厚さと言って良いでしょう。

確かに…いまは攻守の歯車がかみ合わず苦戦をしいられているようです。しかし夏はバッティングが強いところが勝つ!?高嶋監督時代の智辯和歌山を思い出すなあ…

300本塁打のチームが打ち出して確変状態に入ったら!?…想像してみてください。もはや健大高崎は無双状態!?

あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
長打破壊復活で無双状態確定!?健大高崎・大本命です!

◯大阪桐蔭(大阪)


次に優勝候補に上げるのはやはり大阪桐蔭でしょう。近畿大会優勝!

秋の近畿大会では決勝、選抜と智弁学園に敗れたものの、近畿大会決勝で見事リベンジを果たしました。

今チームの売りは何といっても投手でしょう。

  • 150キロ左腕のエース松浦
  • 明徳義塾中出身!154キロ右腕、関戸
  • U-15日本代表出身、145キロ右腕、竹中
野球くん
野球くん
ヤバっ
あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
150キロ越えがチームに2人も…大阪桐蔭っていったい…。3投手ともプロに行くのでしょうね…

高校日本代表みたいなメンバーです…w。大阪桐蔭でA、Bチーム作って大会に出ても相当強いでしょうね笑。

これだけ好投手揃うと、毎日が熾烈すぎる競争…

とはいえ…一人の投手だけに負担がいかず、投げすぎによるケガの予防という意味でもは素晴らしい環境ですね。

もはやプロ注目投手はチームに1人という時代は終わったのか…

3本柱に加え、川原投手の調子も良い!

とはいえ…投手陣だけではなく、打撃陣も藤原、野間は打率5割で絶好調!アルトゥーベ池田、宮下、前田など甲子園を2度経験した注目選手もおります。


夏は打撃陣がどれだけ奮闘するかがカギとなるか!?

あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
日本一投手力・大阪桐蔭の実力を見よ!
スポンサーリンク

選抜優勝校は夏の甲子園優勝可能性低い!?

ところで・・・選抜優勝校、もっと言うと選抜に出て上位入賞クラスは夏の甲子園で勝ちずらいって知っていましたか?

あ、2018年大阪桐蔭は春夏連覇でしたね…

プロにいった根尾、藤原、柿木、横川選手がいた大阪桐蔭、あの年は例外でしょう。

■過去6年の甲子園(夏)優勝校

2019年 履正社 選抜出場(初戦敗退)

2018年 大阪桐蔭 選抜出場(優勝)

2017年 花咲徳栄  選抜不出場

2016年 作新学園  選抜不出場

2015年 東海大相模 選抜不出場

2014年 大阪桐蔭  選抜不出場

2013年 前橋育英  選抜不出場

選抜不出場により選手データが少ないことが、夏有利のようですね。

最後に

いかがでしたか?

もう少し大穴的な高校も加えた方が良かったですかね…。それは春季大会終了後にでも見つかれば加えましょう。

優勝予想をもう一度おさらい!

◎健大高崎

◯大阪桐蔭

あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
2021年の優勝はこの2校と予想しました!この2校要注目です。