プロ野球

野球・素振りはイイのに試合で打てない理由。バッティングメニュー2つで改善へ。「絶対に甲子園に行くStory vol.21」

f:id:atohire:20180303191547j:image

 こんにちわ、息子とバッティングについて連日、激論を繰り広げるあとひれ (@atohire) です。

 

試合で快音を響かせてますか〜?うちの息子は素振り・ティーバッティングは良いスイングをするのですが。実践でピッチャーが投げる球ですと素振りのようなス良いイングができません。どのような練習をしたら改善されるのでしょうか? いま一番の悩みです・・・。

 

〓「絶対に甲子園に行くStoryとは」
息子(現小4)の夢・甲子園へ辿り着くまで(予定)の汗と涙の実話である。万が一甲子園出場が決まった場合、選手の名前を公表してしまおうという企画。

 

 

 

そんな悩みをネットで検索したところ・・・。

 

 

 

バッティングの深刻な悩み

Q:「素振りのスイングと実践(試合)のスイングが違います。違う理由と改善策を教えてください」

 

スポンサーリンク

タイミングの取り方に問題がある。

 素振りでは理想的なスイングが出来ているが、実戦では出来ないというのは、 タイミングの取り方にあります。 と言え、アマチュアトップクラスの選手やプロでさえ、実戦では自分のスイングをさせてもらえないことがあります。 当然ながら相手バッテリーは打者のタイミングを外すために、変化球や高低内外を投げ分けて打者の目を惑わしてくるわけですから。

 

現阪神の西岡選手が言っていたことですが、実戦で打つためにはタイミングが合わなくても(崩されても)打てるように練習しないといけません。 つまり、いくら素振りだけを完璧にできるようになっても実戦で打てるようになるわけではない、ということです。

 

タイミングを合わせる練習も、もちろん必要です。 投手の動きに合わせて足をあげるのが基本ですが、中には変則モーションや球筋にクセのある投手もいます。

 

タイミングを崩されても強い打球を打つためには、下半身がしっかり固まったフォームで打つことです。 素振りの際に、ゆっくりフォームを止めながら振っていく練習も有効です。

 

引用:素振りは素晴らしいのですが、ピッチャーが投げる球だ… – Yahoo!知恵袋

 

バッティングセンターがオススメ。

f:id:atohire:20180303190525p:image

素振りだと自分のタイミングでバットを振り出すことができますが、実戦だとピッチャーが投げるタイミングに合わせなければ打てないので、必然的に自分のタイミングで打てなくなります。

 

お子さんは自分のタイミングで打てないので中途半端なスイングになってしまっているのではないかと思います。まずはバッティングセンターにいって球を打ちながら自分なりのタイミングの取り方をおぼえるのがいいと思います。

 

引用:素振りは素晴らしいのですが、ピッチャーが投げる球だ… – Yahoo!知恵袋

 

 シンクロ打法を覚えることで、素振りのようなスイングが試合でできる。

www.youtube.com

上体を逆方向に捻って、それがバッティングにおけるバックスイング。その上体の形を崩さずに、腰を45度回して、臍を真っ直ぐに投手に向ける。ここまで、……バックスイングから上(上体)を固定しておいて、下半身の力で腰を45度回して止めるということを覚える。

 

「腰から下は、まさに打ちに行く形で勢い良く回ったとしても、その時、バットのヘッドは後方に残っている形」を覚え、そして、投手の全投球に対して、この動作を取り入れることにする。腰は回っても、ヘッドは後方に残っていて止められるということになれば、あとは、その始動タイミングが分かれば良い事になる。

 

たいていの場合、投手が足を上げたら、打者も足を上げる。投手が足を踏み下ろした時、打者もステップ足を下す。それでタイミングが合う。

余程、投球スピードが遅ければ、ワンテンポ、始動を遅らせる。投手が踏み出し足を下したら、「ウン」という感じで一拍遅れて始動する。いずれにせよ、とにかく始動のタイミングさえ決めたら、あとは、素振りの積りで気持ち良く振り抜く。振り抜くつもりで始動する。で、腰が完全に45度回るまでにボール判定を察知できたら、動きを止める。たとえ、ヘッドが動き始めていたとしても、どの地点までの動き出したら止まるのかを承知しておいて、ギリギリまで、ボール判定を引き延ばす。

引用:素振りは素晴らしいのですが、ピッチャーが投げる球だ… – Yahoo!知恵袋

 

カウンタースイングで改善する。

www.youtube.com

 

 野球って不思議なのが素振りのスイングと試合のスイングが違うことがあります。140キロ、150キロのボールを目で見て打とうとすると間に合わないので反応で打つことになります。そのとき生まれる感覚が練習でのスイングを生んでいるのではないか?

カウンタースイング開発者・野田さん:中学生がスイング激変でHR量産!史上最高の野球ギア・カウンタースイングの全て – YouTube

 

まとめ シンクロ打法+カウンタースイングで改善へ。

f:id:atohire:20180303190537p:image

ネットでは「タイミング」が取れていないという指導がありました。結論として、シンクロ打法で実践同じタイミングを覚え、カウンタースイングで素振りと実践と変わらないスイングを身につける。シンクロ打法+カウンタースイングのバッティングメニューを取入れることにしました。実践して数週間・・・。

 

 

現在、息子のバッティングは絶好調です〜。この気付きは大きいですよ〜!同じ悩みを持つバットマンはぜひ試してみて!

 

 

 

 

カウンタースイングこちらの記事もどうぞ。

www.atohire.com

 

 

 

 

ABOUT ME
あとひれ
あとひれ
フリーランス野球マニア。敵は「変化を好まない野球関係者」。息子と7年後の甲子園目指してます⚾️好きな言葉「ありがとう、なんとなく」