プロ野球

「絶対甲子園行くSTORY」少年の夢・憧れの甲子園 vol1

f:id:atohire:20170705162942j:image

この物語は息子(現小4)の夢・甲子園へ辿り着くまで(予定笑)の汗と涙の実話である。

 

〔憧れの甲子園まであと8年6ヶ月。甲子園出場が決まった場合、選手の名前を公表するという企画である〕

 

 わたしは息子の追っかけで土日が潰れようとも構わない。なぜこんなに応援したくなるかというと野球への気持ちがハンパないこと

 

小学4年生にして一日7~8時間近い練習にもかかわらず「楽しかった」と言ってのける。

 

挙げ句の果てに「学校行かないで野球していたい」と言うほど野球バカ。そして何と言っても豪快なフルスイング(当たるか当たらないかは別の話です笑)。

 

息子を軽く紹介

所属:某リトルリーグ・マイナー(小学5年以下)所属

学年:現在・小学4年生

夢:甲子園出場、プロ野球選手

アピールポイント:フルスイング

 

スポンサーリンク

努力を継続できること

f:id:atohire:20170315215631j:image

彼は毎日

・素振り

・シャドーピッチング

・肩のストレッチ(大谷の真似)

・柔軟体操

 

をやってる。もっとすごいのは小学4年の子供が親に言われなくても自分で勝手に考えて練習をやっていることだ。わたしの小学時代とは雲泥の差だ。

 

原辰徳、元監督が言っていた

 

「走攻守すべて平均点の選手はいらない、どこか抜きん出てる選手をつかう」

 

彼の長所はフルスイングと長打力。そこを磨いて欲しい。ハッキリいって他はどうでもいいと今は思っている。

 

先日の大会でも先輩達を差し置いて1番デカイのを打っていた。アベレージはまだまだが当たればデカイ。

 

しかし彼はハッキリ言って不器用。走る・投げる・守るにおいてもまだまだ。アピールポイントのフルスイングも器用にバットを止めたりできないから・・・。イチローや大谷翔平のような才能はない。

 

彼の長所と言えば、

 

「野球への熱い気持ち」

「努力を継続できる」

「フルスイング」

この3点に尽きる。

 

1つ上の学年は最強メンバー

f:id:atohire:20170315221539j:image

野球は人との出会いも重要な要素。所属しているリトルリーグ(マイナー)1つ上の先輩はスター選手ばかり。1番から9番まで4番バッターみたいだ。先日など30-1などラグビーの試合かと思うような試合だった。

 

かろうじて彼はスタメンに入っているが 、いつ外されるかわならない。そんな緊張感のなかで日々切磋琢磨するからレベルも上がるのかもしれない。

 

こんな最強世代と練習できるのも運があるからだろう。

 

憧れの甲子園へ

f:id:atohire:20170315215718j:image

少年の夢は憧れの甲子園でプレーすること。将来行く高校も決まっているらしい。

 

彼はちょっとした高校野球マニアで県名を言えば強豪の学校がスラッと出る。古今東西ゲームをしたら確実に負ける。

 

そんな古今東西で名を連ねるような強豪と戦う日は果たして来るのだろうか!?将来甲子園に出るようなことがあれば、実名を公表したい。

 

まずはリトルリーグ全国出場と鼻息を荒くしているようだ。

ABOUT ME
あとひれ
あとひれ
フリーランス野球マニア。敵は「変化を好まない野球関係者」。息子と7年後の甲子園目指してます⚾️好きな言葉「ありがとう、なんとなく」