甲子園

【高校野球】健大高崎この夏一番応援することに決めた理由。

健大高崎(群馬)は、6月の部員同士の暴力行為で対外試合を自粛。同校は春季関東大会に出場し優勝を決め関東王者となっていました。そんな関東王者、甲子園優勝候補とまで言われたチームが出場できない!?なんてショッキングすぎますよね…。ぼくはあまりのショックに涙しました。なぜこんなにも悲しいのでしょうか…

  • 健大高崎の選手はどんな心境なのでしょうか?
  • 選手や親、関係者は毎日涙を流しているのではないでしょうか?
  • 日本の連帯責任って重すぎやしませんか?

持論ですが…ヤッた奴だけ裁かれればいいのです。とくに3年生は最後の夏、一生に一度の夏。高校野球をやっていて試合ができなくなることは球児にとって残酷すぎます。

先日も大学で東海大札幌が飲酒で全国大会を直前で辞退するというショッキングな事件がありました。こんな日本の風潮が大嫌いです。

 

しかし…

健大高崎、最後の夏出場できそうです!

そうなんです!健大高崎、最後の夏出場できそうです!よかった!選手もこの吉報に涙したことでしょう。選手は思いっきりプレーして欲しいですね。

とはいえ…どこかスッキリしない中での出場です。世間の目も冷たいでしょう。勝ったら勝ったで、どこからともなくブーイングもあるかもしれません。

こんな馬鹿Tweetがありました…

あるTweet
あるTweet
暴力問題起こしても出場できるってなったら、また同じ事を起こしかねないと思うので、個人的には出場辞退で示しをつけて欲しいです。 学校は野球の前に人としての教育を受ける所だと思います。

強豪と言われる学校ほど部員は100名を超えます。それを全員トラブルないよーに管理しろ!といのは不可能。もはや部員が多いことはリスクでしかありません。SNS禁止の高校が多いのもリスク回避が理由でしょう。

しかし…間違ってますよね。

高野連
高野連
おまえらさ!トラブル起こしたら出場辞退という罰を与えるからな!

高野連が圧力で押さえつけるというやり方では根本的な暴力根絶にはなりません。実際に現在も出場辞退させといて不祥事が減ってますか?全く減っていないでしょう。高野連は世間体ばかり気にしているのです(苦情が多いから)。

とはいえ…この風潮は高校野球だけではなく日本独自のイヤな文化なのですけどね…。

 

それでも…健大高崎は思い切りプレーする権利があります。

もちろん暴力はダメです。

しかし、やった奴が裁かれれば関与のなかった選手は思い切りプレーする権利があるのです。胸を張って良いです。

今回の事件で選手はこの世の地獄のような気持ちを味わったことでしょう。それはそうですよ…少年時代から今まで血のにじむような努力をしてきて、練習の成果を発表する最後のステージを取り上げられるところだったのですからね。

あとひれ
あとひれ
ぼくは2018年の夏、1番健大高崎を応援したい気持ちです。

断っておきますが、ぼくは群馬県に住んでませんから地元ではありません。それでも健大高崎を応援したい気持ちでいっぱいなのです。

どうしてこのような気持ちになったのでしょうか?それは最後の夏が出場できないかも!?という地獄を味わった選手が可哀想でたまらないからです。そして高校野球を愛し、一生懸命プレーする球児の姿が好きだからです。

悪いことした奴はダメ。一生懸命真面目に努力してきた選手はプレーする権利はあります。選手は胸をはってください。

高校野球は不祥事のペナルティが重すぎる

ダルビッシュがプロ野球に入団してすぐに喫煙で活動を自粛しましたが、チームはペナントを辞退してますか?監督が引責辞任してますか?

していないでしょう!

高校野球のペナルティが重すぎるのです。健大高崎の関与していない選手は間違ってはいません。世間がなんと言おうとも間違っていません。

そして…

あとひれ
あとひれ
見せてください!崖っぷちからの甲子園日本一を!

甲子園日本一を達成したとき、一晩中男泣きをさせてください。

ABOUT ME
あとひれ
あとひれ
フリーランス野球マニア。敵は「変化を好まない野球関係者」。息子と7年後の甲子園目指してます⚾️好きな言葉「ありがとう、なんとなく」