斬新練習法

【少年野球】息子さんにホームランバッターへの魔法をかける方法。

小学生でホームランなんて打てない…体も小さいしホームランなんて無理…なんて諦めてませんか?

諦める気持ちわかります…小学生でホームランを打てる子供は結局体格ですものね。小学生でホームランを打てる選手なんか一握りです。

しかし!諦めるのはコレやってからにしてください。

それでは…ホームランバッター誕生へ魔法をかけましょう。

野球くん
野球くん
そんな魔法があるわけないやろ…。バカにするのもエエ加減にせーよ。 
あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
いやいや野球くん!この方法で魔法にかかった選手実際に何人も観てるのよ。騙されたと思ってやってみて。

 

ホームランフェンスを近くしましょう

そうなんです…。ホームランフェンスを近くするだけなんです。これだけでOKです。

ぼくの経験談ですが最初は10m近くしました。小学生低学年はもっとグッと近くして良いと思います。

 

そして…大事なのはここからです。

見事!ホームランを打ったら必ずコレやってください。これこそが魔法です。

  • ホームランを打った際は必ずベースを1周させましょう。
  • 1周している間、まわりの選手・親御さん全員Stand upで盛大な拍手を送りましょう。

子供はホームランを打った今日という日を一生忘れません。興奮…アドレナリン200%でベースを1周したことは脳に深く刻み込まれます。

その後、何が起こるかというと…

 

ホームランを打ちたい病

「またホームラン打ちたい」

…という気持ちが普段の数百倍強くなります。そうです。ホームラン打ちたい病になります…w。

野球くん
野球くん
ホームラン打ちたい病て…ナメとんのか! 
あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
ハハハ、まあまあ。

 

「ホームランは麻薬と一緒」

 

ホームラン依存症になった子供はホームランを打つために、勝手に考え出します。勝手に練習し始めます。またあの興奮を味わいたいですから…。

この成功体験を小学生で経験するしないは大きい差となるでしょう。

マインドというのは大事で「本気で願うこと」は大事なのですよ。鳥の先祖は「空を飛びたい」というマインドが羽根を生やせたのと一緒で強烈なマインドは大事なのです。

 

ぼくはこの方法で息子もそうですが、ホームランバッターになった子供たちを何人も観てきました。

どうしても打てなかった子供でもアベレージヒッターになったり、バッティング面においてマイナスはひとつもありませんでした。

麻薬にかかりたくない人は遠慮してくださいね…w。

 

野球くん
野球くん
…少し納得したわ。小さい頃もっと自信あったら変わってたやろな。
あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
自信は子供を覚醒させます。

 

ただし…注意がひとつ!フェンスを近くすることは内緒にし子供たちへはコッソリ行うこと(ネタバレはモチベ下がりますし厳禁です)。

 

スポンサーリンク

子どもを伸ばすには「成功体験」を!

実はこの件をTweetしたところ、UP to you!(育児をもっと楽しく、もっと新しく)というサイトで取り上げていただきました。

あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
さすが!素晴らしいことを書かれております。

「ホームランフェンスを近づける」ことによって、子どもたちに「できた!」を経験させてあげる。これって子育てに限らず、大人にも子どもにも大切なことですよね~。

ついつい始めから高いレベルを目指してしまいがちですが、最初はステップを低くして徐々にレベルアップしていくことがとっても重要なんです。

 

一度「ヨッシャー(☆∀☆)!」な経験をすると気分がノッてくるし、さらに「できる」ようになるために努力や工夫をしますよね。

逆に褒められたり「できた!」を感じられたりする機会がないと「やっぱりダメだった、自分は本当にダメだな……」となってしまいがち。

「自分はこれができる」という思いは、自分の中で自信の基礎となる“安全基地”になるそうです。

 

さいごに

いかがでしたでしょうか?難しいこと一つも言っていないと思います。しかし…

まだ「こんなことで成長するわけない」「子供騙しだ」なんて思っているでしょう。

 

でもその思考は当然ですよ〜。だって実際に目の前で起こるミラクルを観てないわけですからね。

騙されたと思って一度やってみてくださいね。では今日の記事をまとめてみましょう!

まとめ
  • ホームランフェンスをグッと近くする。
  • ホームランを打ったらベースを1周させること。
  • 1周している間はみんなで褒めまくりましょう。

おそらく松井秀喜氏だって小学生からホームランを打っているでしょうけど、間違いなく「強烈なホームラン打ちたい病」にかかっていたと思うのですよ。それが正のスパイラルに導きます。

強烈なマインドを小学生から持つか?高校生で持つか?その差は歴然だと思います。

 

そんなわけで…

あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
ありがとう、なんとなく