プロ野球

【MLB・プロ野球】伝説のヒッチマンを10人選抜してみた。

あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
世界で唯一のヒッチ・フェチがお送りするMLB・プロ野球ヒッチマンベスト10です。

ヒッチって芸術ですよね〜。ヒッチから繰り出す豪快なバッテイングはいつみても震えます…w。

最近では巨人の丸選手が松井義弥選手にヒッチを伝授するなど話題になってましたね。

野球くん
野球くん
ところでヒッチって何よ?

ヒッチを超簡単に説明しますと…

バッティングにおいて、トップを作る前段階において、グリップを一度下げる動作のことです

本日は、世界で唯一と言ってイイ「ヒッチ・フェチ」のわたしが選抜する伝説のヒッチマン!どうぞサクッとお楽しみください。

第10位 丸佳浩

第10位は丸選手です。現在は巨人ですが…広島時代のヒッチの方が深くて好きだったんですよね〜。ヒッチに加えてコックでバットを垂直にする動作美しいですね〜。

あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
丸選手のヒッチはタイミングがあったときのホームランは美しく綺麗です。 観ていてスカ〜っとしますね。

第9位 ラルフ・ブライアント

ホームラン王と三振王の2冠を取る伝説のバッター。ブライアントはホームランか三振です。ファンとしては魅力ありましたね。

ブライアントのヒッチは限りなく小さく、スローで見ないとわからないかもしれません。ヒッチのあとは数センチしか上げず、本当低いトップで打つんですよね。

あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
ホームランor三振の伝説のヒッチマン
スポンサーリンク

第8位 山川穂高

山川選手のホームランは対空時間が長くて本当大好きなんですよ…。

山川選手のカクッというヒッチがフェチにはタマりません。

ヒッチフェチとしては、山川選手がヒッチを取り入れた時期、動機をすごい知りたいんですよね〜。大学(富士大)ではヒッチが見られなかったので…

あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
日本の4番はヒッチマンです!

第7位 ランディ・バース

阪神の英雄・ランディバースの自然なヒッチは一番美しいかも。ヒッチからのレベルスイングは本当綺麗、芸術です。

あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
ランディ・バースのヒッチは一番自然で美しい〜。

第6位 セシル・フィルダー

阪神にもいたセシル・フィルダー知ってますか?ヒッチとコックの使い手。豪快なバッティングは子供の頃の私でも覚えてます。

あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)

ヒッチ&コックでエネルギーを増幅している感じがイイですね〜。

第5位 ミゲル・カブレラ

ミゲル・カブレラの小さいヒッチからの繰り出されるバッティングは全く力感を感じないですよね。ヒッチも含めて効率よくエネルギーを作っているでしょうね。

剛がセシル・フィルダーなら柔はミゲル・カブレラでしょう。

あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
柔らかいヒッチマン

第4位 ジョシュ・ドナルドソン

ここからはヒッチマン神領域w。まさにヒッチマンの四天王。

剛と柔を兼ね備えた伝説のヒッチマン・ジョシュ・ドナルドソン。ぼくはこの動画1時間観ました。何回でも観てられますね〜。

構えではヘッドは寝ておりますが、シュっとバットが一瞬垂直に立ったと思ったらドカンです。左にも右にもどこまでも飛んでいきますね〜。

あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
剛と柔を兼ね備えたヒッチマン四天王・ジョシュ・ドナルドソン

第3位 デビット・オルティーズ

第3位は…神領域、ヒッチマン四天王のデビット・オルティーズです。

この深いヒッチは誰にもマネできるものではありません。深いヒッチはかなりのエネルギーを生み出している感じがタマりません。

オープンスタンス気味の大きい構えに、大きいヒッチから片手一本で持っていく神がかり的なバッティングは永遠に脳裏に焼きつくでしょう。

あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
飛距離No. 1のヒッチマン四天王・デビット・オルティーズ

第2位 ベーブ・ルース

神領域、ヒッチマン四天王、第2位は世界のベーブ・ルースです。

データが少ないですが、世界のベーブもヒッチマンだったと思われます。丸選手とほんの少し似てるヒッチ&コック型ですね〜。

おそらくヒッチマンの元祖でしょう。一度でいいからリアルタイムでホームランを観てみたかった。

 

あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
神様ベーブ・ルースもヒッチマンだった!

第1位 バリー・ボンズ

神領域、ヒッチマン四天王、第1位は世界のバリー・ボンズです。

クイック的なヒッチ、全く無駄のない一連の動作。まさにパーフェクト・ヒッチマンです。やっぱり1位はボンズでしょう。

綺麗とか美しいとかの次元じゃない。もうね芸術、ピカソと一緒です(意味わからんw)。

ぼくはバリー・ボンズの動画を最大2時間観たことあります。それくらい惹きこまれました。

あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
1位はパーフェクトヒッチマン・バリーボンズでした!

レジェンド枠 長嶋茂雄

いやー実は長嶋茂雄氏がヒッチをしいたこと今日(H20.8.9)に知りました。ヒッチフェチとしてまだまだと痛感致しました…。

ミスターのヘルメットがぶっ飛ぶほどのフルスイングはヒッチから生み出されていたのですね~。感動すぎて震えました。

決して大きいヒッチではないですが、ヒッチでタイミングを取り、スイングの反動をつけているのがわかり、まさにヒッチのお手本というべきスイングです。

あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
日本のレジェンドもヒッチマンでした~

さいごに

いかがでしたか?

少しでもヒッチの魅力が伝われば嬉しいですw。

ヒッチにも、ノーマル的なヒッチ、ヒッチ&コック、深いヒッチ、クイックヒッチなどいろんなタイプがありますが、あなたはどのタイプがお好きですか?

 

あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
振り返りますと歴史的なバッターはみんなヒッチを取り入れているのですね〜。