野球改革

【野球】フルスイングは癖(クセ)である。

まずは柳田選手のバッティング練習を見ていただきたく。これが本日の結論です。

ハッキリ言って、この動画を見れば、ここからのお話は見なくても言いです…w。

野球くん
野球くん
柳田選手は普段の練習からこんなフルスイングしているのか…。すごいな。
あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
本当ですね。なぜ普段からここまで強いスイングをしているのでしょうか…

 

フルスイングはある意味クセに近いと感じる。そんな出来事が身近に起こったのである。

ホームランも打っている、とあるフルスインガーの選手が…

半年くらい前から…スイング軌道の修正などの理由でスロー素振りのみに切り換えた。カウンタースイングもやっていたみたいですね。

本人いわく「イメージの振りを意識した」といい、スロー素振りだけでなく、普段のティーバッティングなどもすべてスローなスイングで練習していた。

しかし!

最近の練習試合で…あまりのスイングスピードのなさに愕然とした。以前であれば多少つまってもフルスイングで振り切っているのでゴロも内野を抜けていた。

いまはどうでしょう…ボテボテのゴロどころか外野を超えるような打球も見えなくなった。

本人もショックを受けていたみたいですね…。これでは4番どころかレギュラーも危うい状況みたいです。

確かにスイング軌道修正のスロー素振りもよいでしょう。しかしそれだけではせっかく身についていたフルスイング能力が失われたのです。

普段の素振りやティー練習などでも強いスイングしてないと試合では絶対に出ないんですよね。

フルスイングは癖(クセ)なんですよ。

柳田選手を見ればわかりますよね。普段から強いスイングを心掛けておられます。

イチロー氏もこんな名言を言っておられます。

練習では全力で振れるようにしておかないと試合ではバットは振れない。

あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
これが答えだ。