監督

【少年・中学野球】フライアウトはなぜ評価は低いのか!?

フライアウトもゴロアウトも同じアウトなのに、なぜフライアウトの方が低くみられるのでしょうか?疑問に思ったことないですか?

野球くん
野球くん
確かに、監督にもしょっちゅう”強いゴロを打て”って言われますな。
あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
それって、なぜゴロを打て!なのでしょうか!?洗脳のように流してますが考えたことありますか?

ゴロのメリットを考えてみましたが、これ以外思い浮かびません。

  • ゴロは守備でエラーする確率がフライより高い。
  • ゴロは進塁打になりやすい。

この2点でしょうね。一発勝負のトーナメントが多い日本の野球では、そうせざるを得ないのかもしれません。

とはいえ…選手の育成という観点で考えた場合、どちらが良いのでしょうか?

少年時代から上から叩くゴロ打ちばかりが癖になると、なかなか治らないと言います。

試合は勝ちたいし、ヒットも打ちたいし…悩ましいところです。

とはいえ…ゴロを打ってのチームバッティング重視のチームとフルスイングを心掛けるチームどちらが点が入りやすいか?ある程度検証してほしい…

ただやみくもに、これが日本の伝統の野球だ…みたいな感じでやっているのでしたら残念ですね。

ぼくは…チーム事情や相手ピッチャーにもよりますが、劇的には変わらないと思ってます。だったら小学生、中学生はフライを恐れず強い打球を打つことを心掛けてほしいです。

ぼくは…強い打球を打つことを心掛け、結果としてフライアウトになったのは良いと思います。

どうか指導者はため息をついたり、フライだけは打つなとか言わないでほしいですね。フライアウトが怖くてフルスイングができるかーってわけです。

筒香選手はこうも言ってます。

とはいえ…このスタンスを貫くのには覚悟がいります。

チームバッティングができないとレギュラーから外されるというリスクもあるでしょう。

補欠でもいいからとにかくフルスイングを心掛けるか、絶対的なチームに欠かせないクリーンナップになるかでしょうね。

強い打球を打って結果がでるように日々考え修正し練習する。そして突き抜けるしかないのです。突き抜けない選手は結局バントや進塁打が多くなるでしょう。

では…最後にイチローさんの金言で締めましょー。

あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
あなたはゴロの多いチームバッティング重視とフライを恐れない強い打球を打つスタンスどちらで野球をしたいですか?

ちなみに…ムネリンズの試合ではゴロはアウトだそうですw。