注目野球ギア

メジャー・プロ野球愛用「Blast Baseball」でバッティングをプロ仕様に!?

ヤバすぎる野球ギアが出ましたね〜。メジャーリーガーも愛用している「Blast Baseball」です。

簡単に言いますと、少額で購入でき、スイングを分析し様々な角度から手軽に数値化、スイング改善をしていくというもの。

プロ野球球団が持っている何千万円もするコンピュータが、3万円ほどの「Blast Baseball」とiPhoneさえあれば手軽にスイングを分析できる。

確かにこれでプロになれたら安い買い物ですね。

例えば…インパクトゾーン。プロ野球選手の坂本選手はインパクトゾーンが相当長いそうです。自分のスイングをインパクトゾーンが長くなるようにスイングを作り上げていったとしたら!?夢は膨らみますよね。

そんなインパクトゾーンがBlast Baseballでは計測可能だというのです…。

あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
今回、高木豊氏のyoutubeチャンネルで「Blast Baseball」を紹介され、メチャクチャ興味を持ったので調べてみました。

「Blast Baseball」とは!?

 

あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
こちらの動画内容を簡単にまとめてみました!
動画・要点まとめ
  1. 「Blast Baseball」はバットのグリップエンドに装着
  2. 実際に打って計測する
  3. 計測されたデータはスマートフォンやタブレットでアウトプットされる
  4. インパクトゾーンの長さ、入射角度、ヘッドスピードなどが計測可能
  5. プロ野球1軍の先取はインパクトゾーンが長い、2軍は短いというデータも。インパクトゾーン計測できる。
  6. 横浜DeNeは導入済み!
  7. アマチュアのときからBlast Baseballと取り入れて練習したらプロに近づく!
  8. 2万で買える(※実際は2〜3万円)

とんでもない野球ギアが出ましたよ。コスパもいいしヤバくないですか?

他の情報はないのか?


とはいえ…まだまだ情報不足なんですよ。

なぜかって?日本ではあまり浸透していませんし、ご覧の通り情報はすべて英語ばっかり…w。

すでに使用しているアマチュア選手はバッティング分析における技術、日本で最先端を行っていると言ってよいでしょうね。

そこで英語を翻訳し調べてみました。

翻訳版・要点まとめ
  • MLBチームの80%以上が使用しているコウモリセンサー技術を使用。バットに取り付けるだけで、あとはiPadまたはiPhoneで行えます。
  • iPhoneアプリは、打ち上げ角度、ボールスピード出口速度、および推定距離を提供するためにリアルタイムビデオを自動クリップして分析します。
  • ライブモードはリアルタイムのフィードバックを提供し、スイングを視覚化し、調整し、そして結果を見ることを可能にします。あなたのスイングビデオを並べて比較可能。
  • Blast Baseball を使うと、コーチ、両親、そしてあらゆる年齢層のプレイヤーが、自分のスイングを向上させ、競争力を高めるために必要な洞察を得ることができます。
  • プレミアムアカウントを持つプレーヤーは、アプリの高度な機能を利用して、スウィングの質についてすべてのスウィングを自動的に評価することができます。 

なんかすごい時代に突入した感じがしますね。

プレミアムに入会すると分析したデータを元にアドバイスも頂けるようですね。お値段も年間約60ドル(日本円にして年間・約6,600円ほど)どリーズナブル。年間のお値段ですからね〜。

ちなみにプレミアの強制加入は全く無いのでご安心を〜。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

どうせ2、3万の費用でホームランバッターになれるわけないでしょ…。なんて思わないでください。

これから間違いなく流行ると思われる野球ギアです。なぜならこれからのバッティングはあらゆる側面で数値化されていくのは間違いないからです。

イメージ・感覚もとても大事です。ただし客観的な数値とマッチングして初めて、効果が期待できるでしょう。

あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
Blast Baseball で測定し、プロ仕様の合理的なスイングを身につけましょう!