プロ野球

【プロ野球16球団構想】最高すぎる4大メリットを解説するよ。地方創生・経済効果・プロ野球選手が増えます!

プロ野球チームや選手が増えたらワクワクしませんか?古田敦也氏が「プロ野球16球団構想」提言しました。

現在のセリーグ6球団・パリーグ6球団の12球団から+プラス4球団増えて16球団ではどうか!?という夢のようなお話です。あまりのドキドキに興奮しっぱなしです……w。

野球くん
野球くん
漠然と夢のある話やけど…何がすごいんやろ!?
あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
確かそうだよね!では具体的にどんな凄いことが巻き起こるのか検証してみましょー

 

古田敦也氏の語る「プロ野球16球団構想」メリット

経済効果

現在、広島カープと横浜ベイスターズが地元密着の成功事例。空港、駅、町の皆さんがユニホームを着て地元全体が盛り上がっているのです。シーズン中は地域の皆さん一緒に泣いて、笑って、悔しがっておりますね。

これぞ最強の地元密着型エンターテイメントであり、経済効果も相当あり成功事例といって良いでしょう。

プロ野球16球団が実現した場合お手本となる球団でしょう。

人口流出がなくなる。地方創生

日本の問題に少子高齢化、東京一局集中などがありますが、それに歯止めをかけるのが野球なのです。

古田敦也氏の名言

「町が魅力だったら人は残るんですよ」それが地方創生へつながります。

プロ野球が変われば、地方が変わる、地方が変われば、日本が変わる。

あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
町が魅力だったら人は残る…名言ですな〜

「プロ野球16球団構想」メリット1:プロ野球選手が大幅に増える。

f:id:atohire:20171103050354j:image

現在、支配下登録選手は1軍、2軍合わせて1チームあたり約70名としましょう。

4球団増えるとなると単純計算で280人のプロ野球選手が新たに誕生することになるのです。

いままでプロ野球に一歩届かなかった選手にもビッグチャンスが巡ってきます。

あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
メッチャビッグチャンスですね〜。ワクワクします♫
スポンサーリンク

「プロ野球16球団構想」メリット2:野球離れ対策

いまより選手が280名も増えるんですよ!この数字は相当デカイですよ〜。

  • 現      在:プロ野球選手になれる人は野球競技人口の約1,000人に1人
  • プロ野球16球団:プロ野球選手になれる人は野球競技人口の約750人に1人

この数字はプロ野球を目指す子供達に大いに夢を与えることになるでしょう。ぜひ野球人口減に歯止めをかけたいところです。プロ野球が盛り上げれば、甲子園も更に盛り上がり、少年野球も熱くなっていくんですよ。

子供たちに夢を与えるということは、野球離れ対策の施策となるでしょう。

あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
子供たちに夢を与えるということは、野球離れ対策の施策となるでしょう。

「プロ野球16球団構想」メリット3: 斬新で新しい時代のチームが出てくる。

もはや勝利至上主義の普通チームでは面白くない。これからはエンターテイメント野球です。

極端な話ですよ…..プロ野球ドラフトではチーム地元から優先して獲得、甲子園のヒーローを獲得、監督を新庄剛志氏にやっていただいても面白いでしょう。。そんな斬新で新しいチームあってもよいとおもいませんか?

チームが増えれば斬新なチームが出てきます。球団を持てるほどの企業は利益を上げており、変化の激しい社会で生き延びてきた会社です。新しい文化を取入れることにつなり変化をすることに抵抗は無いでしょうし、ぜひ斬新な野球チームを作っていただきましょう!

大谷翔平の2刀流や先頭バッターホームランなど漫画のようなエンターテイメント野球をもっと日本に!

あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
プロ野球界参入いったん流れましたがzozoの前澤社長には期待してます!とてつもない斬新なチームを作りそう♫

「プロ野球16球団構想」メリット4:ファンの大幅な獲得

プロ野球の観客動員数は毎年伸びてます。「プロ野球16球団」が実現した場合、野球界の革命といっていいでしょう。観客動員数は更に伸びるでしょうね。

関連記事:プロ野球の観客動員数の推移。視聴率や競技人口は落ちているが、動員はほぼ右肩上がり。

とはいえ…

「野球人口激減問題」「メジャー流出問題」

様々な問題を抱えるプロ野球界。変化を続けなければ緩やかな下降の一途をたどっていくのみです。そんな1つの施策が16球団構想なのです。

もう普通のプロ野球には飽きました。日本ハムの二刀流・大谷翔平もメジャーへ行ってしまいました。今後なにを楽しみにすればいいのでしょうか?

古田さん流で言えば

「プロ野球に魅力があったらファンは残るんですよ」

あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
サッカーやバスケに撃墜されないうちに変化しましょう!

「プロ野球16球団構想」賛成が3分の2。野球ファンの声

f:id:atohire:20171103050407j:image

「プロ野球16球団構想」賛成が3分の2を占めました。ファンも大変興味のあるワードに違いないのです。

プロ野球、もちろん最高のエンターテイメントとして技術的な素晴らしいプレーをたくさん観たいです。しかしプロ野球はそれだけではない。選手の歴史や人間性など意外なところにファンは注目していたりします。

極端な話、プロ野球は多少技術的に劣ってもいいと思ってます。

そんなことより少年時代から地元のヒーローが1人でも多くプロ野球で活躍する。そんなストーリーを観たいです。

ファンの熱い声はこちらだーーー!

さいごに 「プロ野球16球団構想」皆さんで推進(シェア)しましょう

こちらのTweetでもブログでも他の記事(沖縄や徳島にも球団が誕生? 「プロ野球16球団拡大」のXデー)でも構いません。

「プロ野球16球団構想」をシェアをお願いします。ぜひ皆さんと一緒に実現していきましょう!では最後にもう一度4大メリットをおさらいしましょー。

 

4大メリット
  1. プロ野球選手が大幅に増える
  2. 野球離れ対策の施策となる
  3. 斬新なチームが出てくる
  4. ファンの大幅な獲得

 

あとひれ
あとひれ
プロ野球16球団構想、絶対にメルヘンでは終わらせません!
ABOUT ME
あとひれ
あとひれ
野球ブロガー。「上から叩け!」に疑問がある方へ/転勤よりも小学生・息子の野球を選び2018年3月に退職→退職金が尽きる「2年間限定」仕事をせず息子のサポートに徹するバカ家庭→息子の変態スイングを磨き7年後の甲子園へ!新しい野球をInput→Updateします