【フライボール革命】まだホームラン打ってないの?
斬新練習法

【フライボール革命】少年野球、まだホームラン打ってないの?上から叩くダウンスイングをヤメた理由。

バッティングの調子はいかがですか?ホームラン打ってますか?もし打ってなくてもあたなだけが悪いわけではないかもしれませんよ…

指導者の「ボールを上から叩け!」ダウンスイングの強要が一つの原因だったりします。

時代は変化しております。打ち方ひとつとっても十人十色、体つきや骨格も違います。

上から叩けで結果が出ている選手は変える必要はありません。しかし全員に「ボールを上から叩け」押し付けることは迷惑なのです。

 

あとひれ
あとひれ
「フライボール革命」をオススメする理由。「ボールを上から叩け」をヤメた理由。を紹介しましょう。

注意!上から叩くダウンスイングで結果が出ている選手はこの記事を見る必要はありませんw。

「フライボール革命」をすすめる理由。

MLBメジャーリーグでは2017年、年間20本以上のホームランバッターが2倍になりました。その理由こそがフライボール革命によるものなのです。

MLBでは近代化が進み走攻守すべてがデータ野球です。選手ごとの打球方向までパーセンテージで表されゴロで内野を抜くのが難しくなりました。そこてゴロでダメならスタンドに入れろ!だったのです。

ホームランについてもデータ野球です。打球速度と打球角度を組み合わせたスイートスポット「バレル」と呼ばれるゾーンを発見しました。

  • 打球速度158km以上 + 打球角度30度近辺をバレルゾーンと呼ぶ。
  • このゾーンで打った打球は80%がホームランという驚異的な数値。

バレルの打球角度30度・・・メジャー平均打球角度11.6度。日本のプロ野球ではもっと低い角度でしょう。

メジャーリーグでは「フライをあげろ!」が主流になってます。

 

ちなみに…

日本プロ野球界のフライベースボーラー柳田選手(ソフトバンク)がバッティングで意識する優先順位は斬新ですね。

第1位 フライ

第2位 三振

第3位 ゴロ

ホームランこそ野球の醍醐味ですよね〜。そしてホームランを狙うことが打率にもつながる。これが理想なのです。

 

「上から叩く」ダウンスイングをヤメた理由。

「ボールを上から叩け」ダウンスイングが日本に定着したのは王貞治氏の素振りとも言われております。

巨人の荒川コーチが指導した素振りは完全にダウンスイングです。

しかしこの素振りは王貞治氏の極端なアッパースイングを修正するためのダウンスイングだったのです。それを証拠に試合では奇麗なレベルスイングでホームランを打ってます。

 

野球くん
野球くん
「ボールを上から叩け」いわゆるダウンスイングがなぜダメなの? 具体的に教えてくれ。
あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
野球くん!了解〜。

人気野球ユーチューバークーニン🇯🇵 (@mcqoonin) さんの動画がシンプルでわかりやすいです。

こちら動画を見ていただきましょう↓↓↓

動画の6:35あたりから詳しい説明がございます。

 

上から叩くダウンスイングとは!?

  • 上から叩けダウンスイングはアウトサイドインスイング(遠回りスイング)
  • 上から叩けダウンスイングはバットとボールを点で捉えます。
  • レベルスイングはバットとボールを線で捉えられます。

どちらがヒットゾーンが広いでしょうか?どちらが打率が高いでしょうか?

当然レベルスイングもしくはボールの軌道に平行のスイングですよね。ミートポイントではなくミートゾーンで捉えましょう。

うちの息子もダウンスイングにした時期がありますが結果が伴わないどころか「みんなにゴロ王」と呼ばれ悔しい時期を過ごしました。

以上のことから上から叩くスイングをヤメた理由でした。

 

とはいえ…上から叩くダウンスイングで結果を出している人もいますので、もちろんすべてを否定しているわけではありません。

フライボール革命、どうせ日本の選手では無理でしょというあなたへ。

youtu.be

MLBではデータ野球でゴロが内野が抜けないためホームランを狙え!フライをあげた方がヒットの可能性が高いという理論でフライボール革命が起きております。

データ野球が普及していない少年野球ではそこまでやらなくても、ゴロは内野を抜けヒットになります。フライを上げたらアウトになるでしょう。

しかし少年野球は今のアウトよりも将来を見据えて練習して欲しいのです。

勝ち負けよりもフォロースルーが大きいホームランスイングをしましょう。レベルスイングでもアッパースイングでもその子に合うスイングでしたらなんでも良いのです。

小さいスイングで上から叩いてばかりだとごく平凡な選手で終わってしまいますよ〜。

 

よく言われるのが

とある野球指導者
とある野球指導者
日本ではメジャーみたいに体格やパワーも違うのだから無理でしょう
あとひれ
あとひれ
ハッキリいってその言葉は思考停止・言い訳でしょう。

現にメジャーリーガーのアルトゥーベ選手は2017年シーズは身長167cmという低身長で打率346・ホームラン24本でMVPに輝いております。

※上の動画を確認してください!

 

バレルゾーン158キロの打球速度を出すには128キロのスイングスピードが必要だと言います。これは日本のプロ野球選手クラスだと普通で、一般の選手でも全く不可能な数値ではないそうです。

背が低くても可能性はあります。諦めないで「フライボール革命」やりましょう!

 

フライボール革命を実践するヒント①

「今までの練習方法でなかなか結果が出ない」「ホームランにはほど遠いなあ」という方は「理想の打撃yasさん」「栗山 彰恭さん」のお話はとても勉強になります。

かくゆう僕の息子もバッティングで悩んでいた時期にかなり影響を受けました。バッティングは何か一つのキッカケで覚醒したりしますからね…。いまではホームランを打てるようになりました!

理想の打撃yasさん

栗山 彰恭さん

フライボール革命を実践するヒント②

フライアウトで怒らないことも大事なポイントです。これが結構大事だな〜。

親、監督、コーチがいちいち怒鳴っていたら選手はフライを上げることを恐れます。

 

「フライボール革命」本気で考えているなら、

もう一度いいます!ソフトバンク柳田選手のバッティング意識の優先順位

①フライ

②三振

③ゴロ

を選手達にも言ってきかせてましょう。

ゴロでもフライでも同じ1アウトです。日本でも「フライアウトOK!」という風潮が欲しいものです。フライを打ったら皆で拍手をしましょう。

まとめ

ホームランのないプロ野球や甲子園は面白いでしょうか?

やはりホームランは醍醐味ですよね〜。日本の野球文化「ボールを上から叩く指導」だけではなく「フライボール革命の指導」など選手にマッチした指導が理想です。

 

野球くん
野球くん
なるほど…ワシはどっちが合うかな?いや、フライで豪快にいきたいわ〜

フライボール革命…なにかバッティング伸び悩みを解消する一つのキッカケになったら良いですよね。

今日もそんなわけで…

あとひれ(筆者)
あとひれ(筆者)
  ありがとう、なんとなく…
ABOUT ME
あとひれ
あとひれ
フリーランス野球マニア。敵は「変化を好まない野球関係者」。息子と7年後の甲子園目指してます⚾️好きな言葉「ありがとう、なんとなく」