センバツ

【2018年センバツ高校野球】花巻東が東邦に勝利。勝敗を分けた3つポイント。

f:id:atohire:20180326210741j:image

 こんにちわ、花巻東をこよなく愛するブロガーあとひれ (@atohire) です。

 

センバツ高校野球・花巻東5−3東邦に勝利しました。正直に言います・・・花巻東が勝つのは難しいと思っておりました。新聞各紙の予想も東邦圧倒的有利でしたし、東邦を知れば知るほど凄すぎるチームでしたので。。しかしお見事!いや〜やってくれました!もう感動です。

 

東邦、本当はヤバいくらい強かった理由:【高校野球】2018年東邦・最強説。センバツ・夏の甲子園優勝候補4つの理由。 – まだ野球やらんの?

もう一度言います、皆さんが思っているような、ただの勝ちではないのですよ!優勝候補筆頭・東邦に何もさせませんでしたから。それくらい今日の花巻東は凄過ぎました!

 

本日は勝敗を分けた3つのポイントを振り返ってみましょう。

 

神様・仏様・田中大樹様 。

f:id:atohire:20180326203344j:image

やはり!この試合ヒーローは花巻東エースの田中大樹投手でしょう。投げては超重量打線を8奪三振3失点に抑える完璧と言っていいピッチング。打っては3打点とまさに「神様・仏様・田中様」です。

※「神様・仏様・稲生様」を引用笑。

 

もうお見事としか言いようがありません。左投げしかも若干トルネード気味に投げる球はタイミングが取りづらく東邦打線を苦しめました。ストレートは120キロ前後ながら、スライダーとスクリューなど横と縦のコンビネーションが抜群。球速的にコントロールミスが許されないのですが大事な場面での失投は無し。最高のピッチングでした。

 

 

 

藤森晃希選手(サード)の好捕。

f:id:atohire:20180326203409p:image

最終回5−2。ワンアウト2、3塁 でサード横を抜けようかという当たりを藤森晃希選手が好捕、3塁ランナー帰るものの安定した送球でツーアウトとした。

 

このアウトは正直デカかった。野手もプレッシャーのかかる場面ですから好捕までは良いものの悪送球もよくある事です。万が一抜けていたら5−4のでワンアウト2塁という一挙同点という場面となっていました。試合を左右したプレーといって良いでしょう。

 

正直、2016年夏の甲子園で東邦VS八戸学院光星、最終回5点差をひっくり返して勝利した伝説的な試合の怪しげな雰囲気も感じていました。そんな雰囲気を一掃した見事なプレーでした。

 

 

 

佐々木監督(花巻東)の采配が見事にハマった。

f:id:atohire:20180326203458j:image

 この試合4犠打と相手ピッチャーの立ち上がりの悪さや野手のミスに付け込み少ないチャンスをモノにした。佐々木監督いわく「これが花巻東の野球です」とのこと。

 

田中大樹投手の変え時について。佐々木監督は4点までは田中投手で行くと決めていたそうです。最終回一本ホームランで同点という場面でも我慢して変えませんでしたね。

 

見ている方は「そろそろ西舘に・・・」なんてことを思いましたが、さすがは佐々木監督です。140キロ台を計測する投手がゴロゴロいる東海地区を勝ち抜いてきた東邦、速球派の西舘投手よりも変則的な田中投手の方が抑えられるとの判断でしょう。いずれ甲子園で数々の修羅場を乗り越えてきた経験でしょうね。素晴らしい采配でした。

 

さいごに

2015年夏の甲子園でセンバツ優勝した敦賀気比(福井)に勝利、また2013年夏にもセンバツ準優勝の済美(愛媛)に勝つなど花巻東の大物食いは今回も健在でした笑。

 

注目バッター4番・紺野選手に当たりが無かったのが残念でしたが、逆に紺野選手に当たりが出だしたら・・・。ハナトー(花巻東)は上昇気流に乗るでしょう。注目ピッチャー西館勇陽選手も控えていますしね。花巻東まだまだ面白いぞ〜。

 

そして岩手から日本一へ。

 

↑↑↑2017年のセンバツ&夏ベスト8、盛岡大付エース平松選手からもお祝いTweetが!こりゃー嬉しいですよね。

 

www.atohire.com

www.atohire.com

ABOUT ME
あとひれ
あとひれ
フリーランス野球マニア。敵は「変化を好まない野球関係者」。息子と7年後の甲子園目指してます⚾️好きな言葉「ありがとう、なんとなく」