センバツ

【高校野球】2018年・選抜(センバツ)甲子園出場選手「ホームラン数トップ10」

f:id:atohire:20180224185434j:image

 こんにちわ、高校野球をこよなく愛するブロガーあとひれ (@atohire) です。

 

 2018年・センバツのヒーローは誰になるのでしょうか?いよいよ3月23日から第90回選抜高校野球甲子園大会が始まります。「いや〜ワクワクしますね〜」。2017年のヒーローと言えば、清宮幸太郎(早稲田→日本ハム)と中村奨成(広陵→広島)でしょう。今年はどんなヒーローが誕生するのでしょうか?

 

 本日は「ヒーローを探せ!企画」センバツ出場する選手のホームラン数トップ10を調べてみましたw。

※新チームになってからの公式戦+練習試合のホームラン数となります。

 

 

2018年センバツ出場選手のホームラン・トップ10はこちらじゃ〜。

 

 

 

第10位 8本 門叶 直己(瀬戸内) 右右

まずは第10位は瀬戸内の門叶(とがの)選手です!

183cm・90キロ超えの 右の長距離砲。高校通算20本超えが瀬戸内の4番を張る。打率も4割を超えており勝負強さを兼ね備えた注目のスラッガーだ。新チームになってからホームラン量産体制に入っております!

 

 

 

スポンサーリンク

第10位 8本 冨田 泰生(智弁和歌山)右右

 同順位で10位は智弁和歌山の冨田選手です。

175cmと上背はないものの長打力を兼ね備えたセンスの塊のようなバッター。2017年の甲子園でも興南戦で2年生ながらツーラン放つ。圧巻だったのは近畿大会・履正社戦での満塁アーチだろう。チームが苦しいところで一発が出た。センバツでも冨田選手がチームを救うことでしょう。

 

 

第6位 9本 吉田 元登 (東海大相模)右右

 

第6位は4人おります〜。

まずは東海大相模の吉田選手です。右投げ右打ちの長距離バッター。いやいや長打力だけではありません。チーム1位の安打数を誇り、打率も4割超えなのです。優勝候補筆頭の東海大相模のクリーンナップは今大会最強ですよ〜。

 

 

第6位 9本 下山 悠介 (慶応) 右左

 伝統の慶応のキャプテン・チームの大黒柱、そして4番とすべての重責を担う。右投げ左打のどちらかといえば巧打者でしょう。しかし通算ホームラン数12本ながら、今チームに入ってからホームラン9本と絶好調だ。下山選手の出来がチームを左右するといっていいでしょう。

 

 

第6位 9本 梅田 昴季(東邦)右左

 今大会最強との呼び声も高い東邦のクリーンナップ梅田選手。

高校通算10本ながら、新チームになってから9本放つなど、まさに絶好調男。この男一度乗せたら止まらないみたいですよ〜。ピッチャーは要警戒です。。

 

 

第6位 9本 根尾 昴(大阪桐蔭) 右左

 説明は一切不要でしょう。

高校野球ファンなら誰でもしっている三刀流プレイヤー根尾選手。ホームランは9本ながら打率4割超のチーム1の打点王。なにも言う事ございません。。

 

根尾選手の「眉毛のつながり」にも注目ですよ〜。昭和の高校球児っぽく大好きですね〜。

 

 

第4位 10本 石橋 航太(富山商) 右右

 さあ、ここからは第4位です〜。

富山商業の4番石橋選手。右投げ右打の長距離砲、面構えも良く迫力がありそうだ。高校通算21本塁打。チーム1のスイングスピードと握力を誇るります。富山のドカベンになれるか!?

 

 

第4位 10本 野口 皓生(東筑) 右右

f:id:atohire:20180224184826j:image

東筑の4番バッターで中心選手。 安打数や打点もチーム1位。171cmと小柄ながら長打力を兼ね備えた。野口選手は「八幡南ボーイズ」出身で、スタメンに5人もいるというまさに「八幡南ボーイズ軍団」。最近は小柄でもホームランが打てるんですよね〜。スゴイ時代です。

 

 

第3位 11本 芳賀 大成(明秀日立)右左

f:id:atohire:20180224185118j:image

いよいよ第3位です!

第3位は明秀日立の芳賀選手。170cmの小さな長距離砲。目標は田村龍弘(千葉ロッテ)。小柄ながらもパンチの効いたバッティングを目指す。4番の芳賀選手がセンバツチーム初勝利へ導く!?芳賀選手も小柄ながらホームランを打つんですよね〜。小柄でもホームランを打つ方法を教えていただきたいw。

 

 

第2位 17本 森下 翔太(東海大相模) 右右

 

第2位はなんと17本・森下選手です。実は調べる前までは1位だとおもってました。。ちなみに東海大相模ランクイン2人目w。「マジか〜」と思うような打線ですな〜。プロ注目・高校通算44本塁打と今大会ヒーロー大本命間違い無しです。要チェックですよ〜。。

 

 

第1位 19本 渡辺 健士郎(東海大相模)右左

2018年・選抜(センバツ)出場選手ホームラン数・ 堂々の第一位は渡辺選手です!おめでとーございます。

 

まさかまさかの東海大相模ランクイン3人目です・・・。なんつー打線だ。ピッチャーはビビるってw。東海大相模のクリーンナップは今大会最強であることが証明されました。楽しみですね〜。

 

 

 まとめ

 東海大相模3人もランクインするとは。。凄まじいクリーンナップですな〜。大阪桐蔭に対抗できるのは東海大相模!?しかしトップ10に関東が5人が占めるなど長距離砲が多くて羨ましい限り。

 

ランクインに右打ちバッターが5人もいたのは嬉しいことです。最近は左バッターが多いのですからね。。ちなみに昨年の第一位は清宮幸太郎(早稲田)の25本でした。今年も楽しみですね〜。

過去記事:【高校野球情報】センバツ2017年・ホームラン数ランキングトップ10

 

 

2018年ホームラン・トップ10からセンバツのヒーローが出ます!要チェックですね〜。

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
あとひれ
あとひれ
フリーランス野球マニア。敵は「変化を好まない野球関係者」。息子と7年後の甲子園目指してます⚾️好きな言葉「ありがとう、なんとなく」