【フライボール革命】まだホームラン打ってないの?
未分類

偽善者と呼ばれ。「やらぬ善では無く、義によって行う善」「ありがとうの力」

2011年、東日本日本大震災後の3年間被災地に単身赴任で入り微力ながらも復興のお手伝いをさせて頂きました。

混乱期の中、被災者の壮絶な人生をたくさん見ました。その中で何かお手伝いをしたくて被災地に来たのですが、逆に被災者さんから頂いたことの方が多かったのです。

それはとてつもない数の「ありがとう」です。

感覚的ですが、

いつの間にか「被災者の為」から「ありがとう」が嬉しくて働くようなところがありました。

不思議なもので、極限に身体が疲れていても全然動きますし、心の奥底から湧いてくる「ありがとうの力」だけで働けました。

お前は偽善者

f:id:atohire:20160723115347j:image

しかし誰かのためと言いつつ結局自分の為じゃないかと葛藤するようになります。

そんな矢先、被災地ではない所から「お前は偽善者だ!」と容赦ない罵声を浴びました。

当時、復興支援は注目されやすく、テレビの出演、県知事さんと打ち合わせや超有名政治家さん、芸能人とも沢山会えました。

復興支援を手段として名声を手に入れたいんだろ!とも言われた。「復興大臣!」「市会議員にでもなれ!」などという事も言われました。

メディアに出たのは自分の意思ではないもの、しかしどこか自分の仕事が世の中に認められたような気がして悪い気分ではなかったのは事実です。人間が本能的に持つと言われる承認欲求が満たされていたのでしょうか。。

その後も葛藤は続きました。

自分の為だとか、誰かの為だとか、その答えは今でもわからない。しかし被災者のほんの少しの笑顔を見たくて働いたのは確かです。

でもそれも結局は「おまえ自身がありがとう」が欲しくて働いたのではないか?そんな葛藤は常にありました。

そんな時このブログを読んだのです。

やらぬ善では無く、義によって行う善

 地震の際は被災地に身を投じた。
放射能で人が物を持っていかないと言われれば志願した。
勝負して敗れた者に制裁を与えず、むしろ助けを与えた。
困っている者がいたら助けた。
必要とあれば演説などした。

これらをやる時必ず付いて回る「偽善」という言葉。

人は思いたいように思うもので、言いたい奴は言わしておくしかない。
だから、あえてやらぬ善より、やる偽善で良いと言い聞かせていました。

でも最近、たまたまの会話の中で「人として生まれた義理による善だからね」と勝手に自分の口が話したことから
「義による善」つまり「義善だ!!」と閃きました。

そして驚いたのは辞書でこの義善を調べると、日本語として有りそうでなかったのです。この「義善」という言葉は是非、偽善とという言葉が、怖くて手を差し伸べられない人に使ってもらい、流行らしたいと思います。

「やらぬ善では無く、義によって行う善」

引用:偽善と義善 義による善 – 初瀬川王

 偽善ではなく義善に。

f:id:atohire:20160723120057j:image

誰かの為に〜という壮大な軸を持って働く、NPO団体やボランティアさん。そして常に付きまとう偽善という概念。

数年前、福島に研修で行った際、放射線量ギリギリの境界線エリアでマスク1枚でボランティアしている人を見かけました。しかし、すぐ隣りでは東北電力社員は完全防護服で作業しましたね

これでもボランティアさんは偽善というのでしょうか?

「ありがとう」はとてつもない力になりました。当初「ありがとうの力」を知らなまま被災地に向かったことを考えると、「ありがとう」を報酬目的に行ったわけではない。

そこにはどこか純粋な「人として生まれた義善のかけら」があったからだと信じております。

ABOUT ME
あとひれ
あとひれ
フリーランス野球マニア。敵は「変化を好まない野球関係者」。息子と7年後の甲子園目指してます⚾️好きな言葉「ありがとう、なんとなく」