AQOL

「あとひれ・クオリティオブライフ!」他人の時間ではなく自分の時間を生きる。こころについて探求・高校野球をこよなく愛するブロガー。

電通社員自殺により「働き方改革」急激に進む!?

f:id:atohire:20161010165618j:image

電通社員の自殺で日本は働き方をもっともっと考えざるを得ない段階に入ったと思う。

 

電通、東大、美人であったからここまでクローズアップされているが、荷重労働やパワハラを中心とした自殺は日本中で多々あるように思う。

 

 

荷重労働はもはや今の時代にあっていない

f:id:atohire:20161010165912j:image

確かに月105時間・・・。私もしているかな。でもやっぱりかなりキツイですよ。恐らくプライベートなどなく、ほぼ仕事仕事の毎日なのだと思う。

 

それがもし好きな仕事だったら〜と思うのだが、日本のだいたいの人は好きでもねぇ仕事をしてんだよ。もう戦後の日本の軍隊のようなサラリーマン時代はもうすでに終わったのだ。現在は人生を楽しむ時代だと思う。

 

政府が進める「働き方改革」で早いとこ36協定や特別条項を無くすべきだ。

【関連記事】

【働き方改革】見よ!現実はこんなもんだ。しかしかなりの期待はしている。日本のサラリーマンを変えてくれ! - ぎぜんしゃの足あと

 

まずは経営者が理解しないと全く意味がない!

f:id:atohire:20161010165922j:image

先ほども述べたが、軍隊のような時代は終わったのだ。まずは経営者が理解して実際にアクションを起こさないと何も変わらない。なぜならば、わたしだって部下に結構な残業をさせてしまっている。法的に認められる範囲内である以上、経営者は取り合ってくれないだろう。しかし従業員の顔は限りなく暗い。

 

法的に半ば強引にやっていかないと、経営者は動かないと思う。経営者は「高い給与を払っているんだから」とか「嫌なら辞めればいいだろ!」などという考えは少なからずあると思う。特に中小企業の社長さんから聞いたこともある。

 

利益第一優先、株主へのこと、客先での納期厳守など確かに悩ましい事のオンパレードだが、社員が自殺してニュースで世間様に出る方が会社として大打撃だろ。

 

一方、労働者の幸せを考えて頂いている会社もあるようだ。例えば岐阜県にある未来工業(株)の「残業が日本一少ない」「休みが日本一多」など「日本一『社員』が幸せ」と言われる会社もある。しかしそんな会社は一握りである。

【関連記事】

岐阜発「楽園企業」、毎日5時に帰る残業ゼロ術 | 日本一“社員”が幸せな会社の「うらやましすぎる真実」 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 

安倍総理、自殺が増える前に「働き方改革」をスピードをもって進めてください!

f:id:atohire:20161010165931j:image

荷重労働は時代にあっていない。現在はパソコン無しでは仕事ができないし、プライベートではスマホが必需品となっている。数十年前と比べてあり得ないスピードで生活が変化してきた。しかし働き方だけが変わってないのは全く持っておかしい。取り残されもいいとこだ。

 

安倍総理!自殺者が増える前に「働き方改革」早めにお願いします。

 

人生は仕事だけではない。もちろんやりたいことを仕事にしている人は素晴らしいと思うし心底羨ましい。しかしだいたいの人がやりたくねぇ仕事をしてます。

 

これからは人生を楽しむ時代だと思う。残業を無しにして、趣味に打ち込んでもいいし、スポーツに燃えてもいいと思う。家族と毎日の夕食を楽しんでも素晴らしいし、友達同士で何か研究しても面白い!

 

仕事は辛くてもしょうがない、定時で退社し子供の野球練習に付き合う事が私の幸せである。