AQOL

「あとひれ・クオリティオブライフ!」他人の時間ではなく自分の時間を生きる。こころについて探求・高校野球をこよなく愛するブロガー。

人生を変えるかもしれない7つのTweet。~坂爪圭吾さん心の言葉~

f:id:atohire:20161016055845j:image

私の人生にとって、とても大事な言葉があります。とくに凹んだときや人生に思い悩んだ時、このTweetを見たくなります。

 

今回は詩人、そして現代を生きる最後の旅人(個人的に勝手に思っている坂爪圭吾 (@KeigoSakatsume)さんの心の言葉(Tweet)を紹介いたします。坂爪さんのTweetには不思議な癒しがある。花や景色、山や海なども純粋に「綺麗だ!」と叫ぶお方だ。私たちは普段の何気ない素晴らしい景色もスルーしているような気がする。忘れかけている”何か”をふっと届けてくれる、そんなTweetを紹介します。

 

1.生きているだけで

この言葉は回復の魔法の言葉です。生きてるだけで充分だと・・・。涙が出てきます。

 

2.何気ないことは、決して何気ないことではない

幸せについて深い感銘を受けたTweetでした。不断の何気ないことは、実は何気ない事ではない。たった一杯のコーヒーにも小さな幸せがある。メディアなどにいつのまにか洗脳され世間の幸せを追っていたように思います。私たちはどこに向かっていたのでしょうか?

 

3.親が人生を楽しむことこそ

 これは衝撃を受けました。私も子供の時、親が「忙しい忙しい」など不機嫌で八つ当たりがあったり、お金絡みでの夫婦喧嘩がしょっちゅうでした。子供ながらに「大人になっていいことあるのかな」と思ったものでした。まずは親が人生を楽しむ(演技ではなく心から)ことが子育てに1番大事だと思いました。

 

4.自分を解放していいんだ

 わたしの大嫌いな言葉「世間体」を気にしすぎてトゲのない言葉を選び、無理やり笑顔を作っていたようだ。そんなのは自分ではない。自分色のカラーが無い、無色だ。もっと自分を解放していいんだ!もっと自分に正直になろう!と感じさせてくれたTweetでした。

 

5.未来の幸せより今の「いいな」が一番大事

 坂爪さんの言う「一般的な幸福」というのはメディアが勝手に作り上げた、そして私たちがいつの間にかテレビを通して脳に刻み込まれた幸福だと勝手に思っている。

 

そんな事より自分が今「いいな」と思ったことこそが1番大事なんだなと思った。なぜか幸せを感じられたTweetでしたね!

 

 6.  心を込めて

 何気ないことでも心を込めることは、「自分が感じる幸福」にリンクする。綺麗な言葉ですね。本当綺麗だ。

 

 7.  おまけ

この言葉はわたしを何度も救っくれた。こんなにも短くてシンプルなのにすごい「癒し力」がある。

 

大好きなThe Beatlesのポールマッカートニーが美しい曲は旋律がシンプルだと言っていたのを思い出した。

 

このシンプルな言葉はわたしの一生の「心のお薬」です。

 

 最後に

 このTweet大好きですね。わたしだったらこの手帳見てもスルーしてるかもしれない。坂爪さんいつも小さな幸せをありがとう(^。^)。

 

◆坂爪圭吾さんブログ「いばや通信」

ibaya.hatenablog.com

 

◆坂爪圭吾さんtwitter

twitter.com