読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AQOL

「あとひれ・クオリティオブライフ!」他人の時間ではなく自分の時間を生きる。目指すぜ!QOL100%。

80歳で死んだ祖母「人生はあっという間だった」短かく感じる人と長い人との違いって!?

気づき 幸せ

f:id:atohire:20160911212314j:image

生前、おばあちゃんには幼少期から可愛がってもらい、おやつにはホットケーキ、腹が減ったときは特製オムレツを作ってくれた。そんな大好きなおばあちゃんが死ぬ間際に言っていた事をふと思い出した。

 

「人生はあっという間だった」

f:id:atohire:20160911213004j:image

引用:夢ふうせん じゃがいもドーナツのカフェ | よもぎまんじゅう

80年も生きたおばあちゃんが亡くなる前に「人生あっという間だった」と。これはショッキングな言葉だった。

 

おばあちゃんは「よもぎまんじゅう」や「大福」作りの名人で産直や農協に出したり、テレビの取材も来るぐらいのレベルだった。

 

うちの母の反対を押し切り、強引に家の隣に小さい作業場をおっ建てた。調理師免許まで取得した。当時は田んぼも広くやっていたので手伝いもできなくなるし、家庭にかなりと支障が出る。それでもやりたい事をやり通した人だ。

 

生前、終いには稼いだお金で自分の墓を購入。墓石には「まんじゅうばあちゃん」と彫られていた。

 

人生は何事も・・・

今思うと非常にアグレッシブなおばあちゃんだったと思う。そんな時この名言を思い出した。

 

人生は何事もなさぬにはあまりにも長いが、 何事かをなすにはあまりにも短い。

中島敦

おばあちゃんはこの名言通りだったんだなとつくづく思った。

 

おばあちゃんの死で

f:id:atohire:20160911213331j:image

引用:2015年4月6日:白い!もちもち!いちご!といえば?

おばあちゃんは、まんじゅうを引退してから急に病気にかかった。すべてがあかんようになった。

 

おばあちゃんに取ってまんじゅうは全てだったのかもしれません。人間は年齢関係無しに夢中になれるものが必要なのかもしれません。それが気力・体力の増進に間違いなくつながっているのだなと思う。

 

そうおばあちゃんはまんじゅうをやっているとき幸せだったんだなぁ。わたしは意味もなく作業場に行き時間を潰してた。ニコニコしたおばあちゃんを見てるのが大好きだったからだ。オーラや雰囲気ってやっぱり作業場に充満してましたよね。とても心地よかったのを覚えている。

 

最後に

そんな大好きでアグレッシブなおばあちゃんは現在、私の守護霊らしいです。 

 

その経緯はこちらの記事です。

「おばあちゃんの霊」飲んでいる最中に現る!?そして翌日衝撃の出来事が・・・。 - ぎぜんしゃの足あと