読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AQOL

「あとひれ・クオリティオブライフ!」他人の時間ではなく自分の時間を生きる。目指すぜ!QOL100%。

【高校野球】選抜高校野球大会2017年・春の甲子園王者を予想してみる。

f:id:atohire:20161130183624j:image

明治神宮大会は近畿代表・履正社(大阪)が優勝し秋の日本一に輝いた。2016年・高校野球の大きな大会は無事閉幕し、球児達はこれより冬を迎え、いよいよ来年最後のシーズンに備える。

 

時期早々なのは百も承知であるが、一足先に2017年春の選抜甲子園優勝を予想してみることにした。

【関連記事】

【高校野球情報】センバツ2017年・ホームラン数ランキングトップ10 - AQOL

【高校野球】2017年・選抜高校野球大会。いまからワクワクさせる5つのこと。 - AQOL

 

過去◯年、選抜優勝校は明治神宮大会に出場していない

◆明治神宮大会

f:id:atohire:20161130173644j:image

引用:公益財団法人 日本学生野球協会

あくまで過去の傾向ではあるが、明治神宮大会を制して、選抜優勝を成し遂げたのは近年では2001~02年の報徳学園と約15年も出ていない。いかに秋・春連覇が難しいのかがわかる。

 

これは大きい大会に出れば出るほどチームの試合内容や選手データが豊富にあることがあるらしい。それが選抜などで対策を講じられるというのだ。データのあまりないチームが有利であることは言うまでもないようだ。

 

過去5年に見る選抜優勝の法則!?

◆過去5年の選抜優勝校

2016年  智弁学園(奈良県・近畿地区

2015年  敦賀気比(福井県・北信越地区)

2014年  龍谷大平安(京都府・近畿地区

2013年  浦和学院(埼玉県・関東地区)

2012年  大阪桐蔭(大阪・近畿地区

 

図でもわかるように過去5年の選抜歴代優勝校を見る と1年おきに近畿地区代表校が選抜を制しているのだ。近畿地区がいかにレベルが高いことがわかる。

 

2016年選抜は近畿地区の智弁学園が優勝しており、この法則当てはめたならば明治神宮大会を制した履正社の選抜優勝は難しいのか!?

 

2017年・選抜優勝予想

f:id:atohire:20161130183640j:image

優勝は近畿地区以外、履正社以外、このような法則をもとに優勝校を予想してみよう。

 

◎早稲田実業

 明治神宮大会堂々の準優勝。今チームは清宮だけでは決してない。1年生4番の野村が大活躍。東京大会決勝・日大三戦でサヨナラ満塁ホームランを放ち、明治神宮大会でも2本のホームランで準優勝に貢献した。ちなみに野村は通算ホームラン23号としこの時期の清宮を抜いた模様。

 

明治神宮大会決勝戦もピッチャーが崩れビッグイニングを作られ敗北したが、十分に優勝できるチームだった。本調子ではないという清宮が本領を発揮した場合は手がつけられないチームとなりそうだ。

 

〇明徳義塾

明徳義塾・馬淵監督が「来年は甲子園で優勝する」と豪語するほどチームに自信があるようだ。明治神宮大会では福岡大大濠に0-2で敗れたが、優勝候補と言われた関東王者・作新学院に7-2と快勝しておりチーム力は高い。しかしエース北本に頼り切っている状況があり、以外の投手が育てば面白いだろう。

 

△福井工大福井

明治神宮大会優勝校・履正社に3-4で敗北するもヒット数では上回っていた。また近年は敦賀気比・福井商など福井県勢のレベルは高い。今回は福井県3位通過での秋の結果ではあるが、履正社を苦しめたチーム力は楽しみである。

 

△日大三

東京地区2位通過なので選抜されるかはわからないが、十分に選抜優勝を狙えるチームである。なんといっても「デカプリオ」金成麗生は楽しみな選手である。東京大会、最後の最後まで早稲田を苦しめた。新たなヒーローの誕生の予感である。残念ながら早稲田が優勝せず神宮枠は取れなかったが選抜される可能性は若干ある。

 

まとめ

早稲田・清宮世代は久しぶりにワクワクするものがある。傾向通り今年も近畿勢以外が優勝するのか!?履正社もしくは近畿勢が法則を崩して優勝するのか!?

ヒーローは揃った。早く選抜が見たくてたまらない。

【関連記事】

【高校野球】2017年・選抜高校野球大会。いまからワクワクさせる5つのこと。 - AQOL

センバツ21世紀枠・過去3年間の戦績と高校野球ファンが期待すること。 - AQOL