AQOL

「あとひれ・クオリティオブライフ!」他人の時間ではなく自分の時間を生きる。こころについて探求・高校野球をこよなく愛するブロガー。

例えば・・・「私は事故で死んだことにする」その先に見えるものとは。

f:id:atohire:20161120013748j:image

 最近体調が思わしくないなー。仕事辞めようかな・・・。いやいや家族を食わせていかねばならない。「仕事は狩り」という名言があるが、その言葉を借りれば狩り(仕事)に出ねばならぬ。

 

しかしこの仕事の考え方は現代では変わりつつある。「仕事=狩り」だとか美輪明宏さんがおっしゃっていた「給与=我慢料」という定義は人によって変わりつつあるのじゃないかな。

 

ホリエモンの斬新さ

f:id:atohire:20161120014130j:image

 最近はホリエモンやイケダハヤトさんなどの本、ツイッター、ブログなどを拝見し、新しい斬新な考えをいただいている。今の仕事への価値観をいい意味でぶっ壊される感じである。

 

ホリエモンの言葉に

行動が1番」「好きなことで食べる」「ブラックなら辞めればいいじゃん」とある。

 

 「好きなことで食べる」このフレーズに漠然と「いいなぁ」と指を加えて見ているだけ。ホリエモンが言うように本を読む人は多いが実際にアクションを起こす人は本当に少ないと言っていた。現時点では私もその1人である。リスクを恐れる、まぎれもない平民のひとり。

 

現実は厳しいよね〜

さあ現実に戻るか。現実はあまりに厳しい。でもホリエモンに言わせたら「自分で選んだ仕事でしょ!」「嫌ならさったさと辞めればいいじゃん」と一喝されて終わりだろう。

 

それでも辞めない。なぜだ?家族の存在、嫁と二人の子供である。今の生活を維持するために、今の給与がないと生活維持できない。安易に仕事を辞めて転職し今と同じ給与をもらうことは限りなくゼロに近いだろう。

 

求人倍率は上がってきている。しかし組合のある上場企業でない限り、労働環境は過酷だとわかっている。仕事柄いろいろな会社の情報を見聞きするが、ほとんどの中小企業は過労自殺した電通問題などスルー。他人事。サービス残業は当たり前、午前様勤務、有給取れないなどほとんどがブラック企業のオンパレード。

 

そんな社会背景があるから、安易に辞めるよりも今の方が実は楽なんじゃないか?今の仕事のポジティブな部分も実はあるのではないか?そんなことを考えてしまいます。

 

「己は死んだことにする」

 

 そうだ。

自分を一回死んだことにしよう。たった今交通事故で己は死んだのだ。おまえの人生は終わったのだ。そう何もかも終わり。

 

あれ?でも生きている。生きているぞ!家族と会える?美味しいごはんを食べられる?暖かい布団で眠れる?こんな当たり前のことに感謝できる。湧き上がるものを感じる。

 

ホリエモンの名言

お金を稼ぐが目的になってはならない

  

お金が稼ぐが目的になってはならない

どうせ死んだことにするなら・・・。わたしはこの世にいないなら・・・。いまの仕事を続けるのも正解。辞めるのも正解。なんだってアリじゃね。だってこの世にいない人間なのだから。

 

生活の為だけにお金がを稼ぐのはつまらない。

 

 夕食時に中学生息子に質問してみました「月10万円のお給料でやりたい仕事をやるのと月30万だけどやりたくない仕事、どちらを選ぶ?」息子は「月10万円だけどやりたい仕事やりたい!」だそうです。それでいいのだ。

 

なんか着地点がわけわからんことになった。だがそれでいい。

 

 心のおすすめ記事

・仕事で毎日怒られている人に読んで欲しい「リスクと回避技とは」

・心の疲れている方へかけたい言葉 vol.1

・心の疲れている方へかけたい言葉 vol.2

・人生を変えるかもしれない7つのTweet。~坂爪圭吾さん心の言葉~

・人生を変えるかもしれない5つのTweet。〜カヤノヒデアキさん人生はアートだ!〜

・人生を変えるかもしれない7つのTweet ~岡本太郎 芸術は爆発だ~