読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AQOL

「あとひれ・クオリティオブライフ!」他人の時間ではなく自分の時間を生きる。目指すぜ!QOL100%。

「飲み会は週3回以上行け!」と言われたが、耐えられますか?

お偉い様から「接待や会社の付き合いは週3回以上行きなさい」という信じられないことを言われました。「週3回以上飲むようにならないと一人前ではない!」などの言動もあり久々に愕然としました。

 
f:id:atohire:20151219222906j:image
 
いつまでそんな時代が続くのか・・・
 
そこまで会社に尽くさなければならないのか?
 
そこまで身体を削ってやらなければならないのか?
 
そこまで人生の貴重時間を削ってやらなければならないのか?
 
目次
 
 
 

接待について

接待とは
接待を実施することによりお取引先とのコミュニケーションを深め、優先的に仕事を頂いて結果売上拡大に繋げるというものです。
 
こんな時代でも未だに接待で便宜を図る構造はあるんですよね。
最近、大きい会社は接待受けることを禁止しているところも出てきましたが、まだまだ浸透はしておりません。お客さんと長時間にわたり気を使って飲む事は、楽しい友人達と飲む事とは違いドップリ疲れます。
 
さらに身近な上司のお付き合いの頻度が半端ではなく、この辛そうな姿を見てるだけで出世なんてしたくないと思ってしまう。
 
お客さんに一瞬でもつまらない顔をバレるわけには行きませんので「今日は楽しいですね!」「飲めてよかったです!」「またぜひやりましょう」などと俳優ばりの演出をしているのである。そんなサラリーマンは我々だけではないはずである。  
 
サラリーマンは演じているのだ
 
 
 

会社の飲み会

お誘いの2回に1回は極力行くようにしておりますが、それでも断りづらいですよね。あまり断っていると職場でも浮いてきます。私の友人は飲み会を断り続け、孤立していき、そこからパワハラやイジメに繋がった方もおりました。
 
先日、ニュースで最近の若者が会社でのお付き合いをしないという話しがありましたが、プライベートを大事にしたいという新しい文化が芽生え始めてきたのだと思う。しかし浸透するにはまだまだ先の話だろう。
 
 
 

「怒り」を聞いて下さい

f:id:atohire:20151219223301j:image
 
・プライベートな時間が減る
プライベートな時間は大事なんですよ!仕事以外の事をすることでリフレッシュでき、翌日のパフォーマンスが上がるというもの。とても大事な時間が削られることが許せないのだ。
 
 
・肝臓が持たない
万が一これで体調崩しても「労災」にはならないでしょう。まさに自分の体を削ってまで会社に貢献するという信じられない状況である。
 
 
・子供と会えない
本当は子供と一緒にいたいんです。一緒にご飯食べて、お風呂入って、一緒に寝る。貴重な子供との時間が奪われるのも悔しいです。
 
 
・嫁からのクレーム
自分だって飲みに行きたくて行っているわけではないのにこんなこと言われます。
「仕事ばっかり」
「家のことすべて押し付けて」
挙げ句の果てに
「本当は楽しんでるんでしょう」・・・
愕然とします。
 
 
・仕事の拘束時間長すぎる
もちろん残業ではない。しかし完全に仕事である。昼間通常に仕事を行い、19時頃より接待が始まります。当然1ラウンドで終わることは稀で2次会はカラオケ付きのスナックです。遅い時は深夜1、2時です。そして次の日は通常営業です。
 
「どんだけ稼ぐねん!」
 
 
・たまに自腹もある
なぜか稟議が通らず自腹で行うことなどという信じられない事もあります。ここまで来ると激怒が一周して「笑ってしまいます」。
 
 
 

今後どうしていく?

f:id:atohire:20151219222932j:image
 
辞めればいいんじゃね?
はい、それも正解
 
「接待や飲み会を素で楽しめる」はスキルである
 
そういう人がやればいいし、特に営業職はそういう人が出世していく構図である。それでいいのです。また求人をかける場合は募集要項に「お酒お好きな方」と強くアピールするべきである。
 
残念ながら自分にそのスキルが無いようです。今後もポイントとなりそうな飲み会以外は行く気はありません。接待については売上増の手段。接待無しでも日中の仕事で売り上げを上げればいいんですよね?その路線で行こうと思います。
 
孤立するリスクを十分に把握しつつ、自分のやり方でやっていきます。もし孤立が酷くなるようならその時考えましょうか!
 
 
 
人気記事セレクション