読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AQOL

「あとひれ・クオリティオブライフ!」他人の時間ではなく自分の時間を生きる。目指すぜ!QOL100%。

【めまい地獄】病気なのにポジティブな人は神だな。メニエール闘病日記 VOL9

f:id:atohire:20170126204732j:image

 今日は朝から奴(メニエール発作)が来た。発作誘発の要因はわかっている。前日23時までの仕事の疲れとストレスだと思う。おまけに早朝4時に目が覚めて睡眠不足ときた。発作が起こる条件がすべて整ったと言える。

【前回記事】

【メニエール病】闘病日記 vol8。メニエールは甘くない、奴は手強かった。

 

現在、有酸素運動・漢方薬・整体などあらゆる治療を行っているのだが、劇的な改善は見られない。そのことがショックで凹む。ちょっとした残業でも発作が起きるようじゃ何にもできやしない。

 

負のスパイラルへの不安

発作中はとにかくネガティブになる。

 

・仕事頑張る ⇒ ストレスたまる  ⇒ 発作 ⇒ 仕事休む ⇒ 会社から信用を失う(上司から遠まわしに嫌味を言われる) ⇒ 家族も食わしてかなくてはならないし、もっと頑張らなくてはと焦る気持ち ⇒ 仕事を頑張る(最初に戻る)

 

本当どうしたらいいのだ。焦るなと言われても焦るし、頑張ろうと思うと発作が起こる。もがいても、もがいてもどうしようもない。狂いそうになる。そんな状況でも嫁と子供が待っている。こんなわたしを見て家族も辛いだろうな。

 

それでも家族は大事だ。

f:id:atohire:20170126205829j:image

稼げるうちは稼ぎたい。息子たちに好きなことをさせたいし学費もかかる。やるだけやって、会社から解雇を告げられたら、その時はしょうがないとおもってきた。

 

発作の最中は

もうこのまま死んでもいいや。楽になりたいとおもう。

 

病気なのにポジティブな人は神だ

f:id:atohire:20170126205307j:image

最近、ガンのレベル3の人と話をする機会があった。その人はメチャクチャ明るい。会社にも行ける日は行っているらしい。なんでそんなに明るいの?不安はないのか?なんでそんなにアグレッシブなの?その人は笑顔に溢れていた。そんな会話の中でキーワードがあった。

 

・一人ぼっちじゃない

家族がすべて。家族からの愛を感じるからそれが心のセーフティネットとなっているようだ。

 

・好きにやっていい

辛いなら仕事を辞めてもいいし、なにかをやりたければやればいいと妻から言われているらしい。生活なんかはなんとでもなるんだからと。とにかく「好きに生きて」というメッセージがどれだけ力になっているのだろうか。まさにこのTweetですね。

 

 

ガンでありながらこの明るさにはびっくりだ。家族の存在がそのひとの心を大きく支え、精神安定剤となっているようだ。家族の存在ってすごいのだなぁ、改めて思う。

 

本当の神は家族なのかもしれない。

 

起死回生のロト

「 死んでもいいや」といいながら先ほど起死回生を狙いロト6をご購入。 

 

なさけない。アホやな。

ホンマは生きたいんだな。