まだ野球やらんの?

高校野球をこよなく愛するブログ。

【野球】花巻東・佐々木監督の大スランプを乗り切る名言。菊池雄星、大谷翔平も影響を受けた魔法の言葉。

f:id:atohire:20171122062441p:image

   野球や人生で大スランプに陥ったことありませんか?何をやってもうまくいかない。そんな負のスパイラルの時期ありますよね。。 うちの小学生の息子も人生で初の大スランプに陥りました。

 

大スランプ、当然チームには悪影響です。ことごとく負け続けました。スランプ前、生まれて初めてのホームランを放ち、波に乗るか!?と思われたのですが・・・。

 

 

 現実は甘くはありません・・・。しか〜しある方の名言でスランプから脱出したのです。その名言とは!? 

 

 

花巻東・佐々木監督名言:「スランプこそ成長のとき!」

f:id:atohire:20171122062844p:image

大スランプのとき子供にどう接すればいいのでしょうか?

 

西武の菊池雄星やメジャー挑戦を表明している大谷翔平を育てた花巻東高校の佐々木監督の名言です!

 

「スランプこそ成長のとき」

 

菊池雄星は今でこそ日本のスーパーエースですが、西武入団当初はケガや手術、トラブルなどに巻き込まれ、試合でも思うような結果を出せず苦しみましたね。高校2年生時にもフォームを崩しストライクが入らなくなった時期がありました。苦しんで苦しみ抜いた。まさに大スランプです。

 

そんなとき、佐々木監督は笑っていたといいます。

 

「また雄星は伸びるな〜」

 

菊池雄星はスランプを力に変えられる人間だと知っていたのです。

 

大スランプは次のステップへ羽ばたく助走期間と捉えること。

 

子供の時チョロQやってたでしょう!(いつの時代や笑)。チョロQは後ろに引かないと前に進まないですよね〜。大スランプは助走期間と捉える。周りの人間、特に親は怒鳴りちらす人もいますがジタバタせず、ドーーーンと笑って見守ってあげてください。

 

「あいつまだ伸びるな〜」

 

そんな広い心で接したい。

 

 

名言連発の花巻東・佐々木監督が登場。野球関係者、保護者、イマドキの 子供たち・若者たちの指導に頭を悩ますスポーツ指導者必読の一冊です。

 

 

人生初の大スランプ(息子の話)

ところで絶賛スランプ爆走中の息子!試合では仲間がせっかくチャンスでつないでもことごとく凡退。得意であるはずのバッティングが思うようにいかないと、ピッチングや守備にまで影響するものです。

 

すべての歯車が狂っていました。

 

絶望の中でもベンチで一生懸命声を出していた事は素晴らしい。しかし試合のあとは涙を流し凹みに凹みまくっていました。息子は人生で初の壁にブチ当たっていたのです。

 

子供の大スランプは親の責任

f:id:atohire:20171122062958j:image

あまりにも酷いので、大スランプの理由を考えてみました。

 

それは親の責任です。

 

ぼくは「絶賛大スランプ中」の息子にあろうことか厳しい言葉をかけ続けてしまったのです。厳しい言葉を浴びせ続けても当然調子は上がりません。上がるどころが負のスパイラルに陥ります。親は期待が大きければ大きいほど熱くなってしまいますよね。。しかし息子の表情は暗くなるばかりでした。

 

そんなとき!花巻東・佐々木監督の名言に出逢いました。

 

「スランプこそ成長のとき」

 

ぼく自身「スランプこそ成長のとき」と捉えることで、気持ちが大分落ち着きました。「息子はまた伸びるな〜」と心の底から思いドーーーーンと広い心で構えることにしたのです。厳しい言葉をかけるのは一切辞めました。

 

それからどうでしょう!1週間で調子を取り戻しました。を上げました。しかも以前よりかなり上達しております。子供って正直なものです...。

 

「スランプは次のステップへの助走期間」が証明された瞬間でした。まさに「スランプこそ成長のとき」です。

 

 

 

 

現在スランプで悩んでいる球児、親御さん、監督、コーチは「スランプこそ成長のとき」ぜひお試しあれ〜。