AQOL

「あとひれ・クオリティオブライフ!」他人の時間ではなく自分の時間を生きる。こころについて探求・高校野球をこよなく愛するブロガー。

少年野球・友達に裏切られた体験は大きな力となる。「絶対甲子園行くSTORY vol3」

f:id:atohire:20170516160438p:image

子供時代、友達に裏切られた経験ってありますか?そんな息子のお話。

 

この物語は息子(現小4)の夢・甲子園へ辿り着くまで(予定)の汗と涙の実話である。
〓憧れの甲子園まであと8年6ヶ月。
万が一甲子園出場が決まった場合、選手の名前を公表してしまおうという企画。

 

息子は野球が好きで好きでたまりません。いわゆる野球バカというやつです。

 

・暇さえあれば一人で何時間も野球練習。

・ゲームはファミスタ。

・youtubeでキャプテン、メジャー、ダイヤのA。

・春と夏はNHKのみご視聴(甲子園中継)。

・都道府県を言えば高校野球の強豪校が言える。

・授業中エアー素振りをしているらしく先生が激怒。

 

筋金入りの野球バカ。しかし現代の野球離れは深刻で、プロ野球や甲子園の話を教室でしたくても友達がついてこれないので一切してないようです。

 

友達に生まれて初めて!

f:id:atohire:20170516160541p:image

少し前の話です。

そんな息子が友達に生まれて初めて「野球をやろう!」と誘われました。

 

嬉しくて嬉しくて顔には自然と笑み溢れていた。当時野球チームに入っているわけでもなく、わたしとの軽いキャッチボールやバトミントンの羽根でのバッティングくらい。初めて友達との野球に興奮していた!

 

親であるわたし自身も野球の友達が出来たことはとても嬉しかった。

 

バットを後ろに背負いグローブとボールを持って待ち合わせ場所に向かった。嬉しすぎて集合時間のだいぶ前に行ったらしい・・・

大きな期待を胸に抱いて。

 

 

 

しかし・・・

しかし・・・待てども待てども友だちは来なかった。

 

2時間ほど待ったらしいが結局来なかった。ようはすっぽかされたのだ。

後にわかったことだが、すっぽかしは今回で2回目らしい。

 

バットを背中にしょって一人寂しそうに帰ってきた。

 

「どうした?」と聞くと「友達来なかった」と言うだけ。

 

凹んでる顔を親に見せないよう頑張っていたけど、しょせん子供である。

f:id:atohire:20170516161022p:image

 

あのときの息子の顔を一生忘れないだろう。

 

すっぽかした友だちに「なんやねん」という気持ちを必死に抑えて「これも人生なんだな」とおもった。

 

 

 

そんな息子が!

f:id:atohire:20170516161148p:image

そんな息子が県大会を制し6月「少年野球・東北大会」出場する。

 

あれから地元野球チームに入団。沢山の仲間に囲まれ野球ができる。幸せいっぱいの毎日。

 

あの時

野球がしたくてしたくてしょうがなかった、だけどできなかった反動がいま爆発しているようにおもう。

 

大会では思い切ってプレーして欲しい。投げて打って守って!大好きな野球を大好きな仲間と思う存分に楽しんで欲しい。

 

グラウンドでプレーする息子を見て、あのときの事(友達と野球をできなかったこと)を思い出したら、きっと涙があふれるだろうな。