AQOL

「あとひれ・クオリティオブライフ!」他人の時間ではなく自分の時間を生きる。こころについて探求・高校野球をこよなく愛するブロガー。

ジャイロスティックでコントロールを取り戻せ!新人戦1週間前からはじめたこと。「絶対に甲子園に行くStory vol12」

f:id:atohire:20170903200509j:image

 ジャイロスティックで起死回生や!新人戦1週間前、今週土日は調整として最後の練習試合。しかし結果はいかに!?ピッチャーの息子は大〇上・・・。

 

〓「絶対に甲子園に行くStoryとは」

息子(現小4)の夢・甲子園へ辿り着くまで(予定)の汗と涙の実話である。万が一甲子園出場が決まった場合、選手の名前を公表してしまおうという企画である。

 

エースで4番!

f:id:atohire:20170903195537j:image

息子はエースで4番。バッティングはチームNo1の自信があるが、ピッチャーは非常に怪しい。球は多少早いがストライクが入らない「いわゆるノーコンピッチャー」

 

それでも監督さんが背番号1をくれた。うちの家族からエースナンバーを背負う息子が出るとは嬉しい限り。と喜びたいところだが、同学年の人数が少ないチーム事情があり、いわゆる年功序列的なエースである。

 

と言われないように頑張るべ!

 

新人戦1週間前、練習試合の結果はいかに!?

f:id:atohire:20170903195601j:image

 新人チーム初の公式試合まであと1週間。今週土日は最後の練習試合であった。結果は

 

土曜日:2敗

日曜日:2敗

 

すでにチームはズタボロ・・・。この最悪の状況のまま公式試合に突入するのだ。リトルリーグは1日75球という球数制限があるため複数のピッチャーが登板する。実際の登板は2試合ほどとなる。

 

なんちゃってエースの息子はというと・・・。

 

案の定、フォアボール連発の大炎上芸人、大炎上ピッチャーと化した。

 

不安は的中。あまりの不甲斐なさに「背番号1を返してこい」と叫ぶ。

 

家に帰ってからの息子は・・・。

 

 

なんでこんなにコントロールが悪いんだろう・・・。

 

 

 

だいぶ落ち込んでいる模様。少し言い過ぎたかな。

 

新人戦まで1週間しかないが、このノーコンなんとかできないかな?ネットで調べまくった。すると・・・・!

 

ジャイロスティックでコントロールをつけろ!

youtu.be

youtu.be

 

特徴は、「手に持ってスイングすることで、人体の仕組みに適ったスイング動作を身につけることが出来る」事です。 投手・捕手・内野手・外野手全てのポジション、全ての年齢のプレーヤーのピッチング&スローイング調整に最適です。 投手ならボールコントロールが良くなり、球のキレが向上する効果が期待できます。また、ジャイロボールだけでなく、キレのあるストレートやスライダー・カットボール等の習得にも威力を発揮します。 「理想的なピッチング&スローイング」を体得する為のギア。腕が適正なスイング軌道を通過した時だけ、音が鳴るように設計されています。人体の仕組みにかなったピッチングやスローイング動作を意識付け出来ます。

 

これだ!

腕が適正なスイングをしたときにだけ音が鳴るらしい。これでシャドーピッチングをやらせようかな。

 

ちなみに元大リーガー、広島カープの引退した黒田も使用していたらしい。

 

おそらく息子は将来的にピッチャーではない。しかし野手のスローイングとしても使えるこの ジャイロスティック。息子との緊急会議のすえ早速ご購入。ラスト1週間追い込みじゃ〜。新人戦の結果はいかに・・・。

 

でもバッティングは素晴らしかったぞ!目指せ打率6割!

この土日の練習試合、ピッチャーとして散々だったが、バッターとしては4番の役割を果たしたと言える。

 

土曜日:2打数1安打 2打点 500

日曜日:5打数3安打 6打点   600

 

 

息子は6割打者を目標に掲げトイレに張っている。

 

目標通算打率 600

今日現在打率 571 

 

目標まであと少し頑張れ〜。

 

バッティング好調の理由はスイングヘッドスピードメーターの素振りのおかげかな?

↓  ↓  ↓

www.atohire.com

 

いやいや、インサイダーバットのおかげかな!?

↓  ↓  ↓

www.atohire.com

 

新人戦結果はいかに!?ジャイロスティックの効果は?

新人戦あと1週間。ジャイロスティックでノーコンピッチャー息子の覚醒に期待じゃ〜。

 

〓「絶対に甲子園に行くStoryとは」

息子(現小4)の夢・甲子園へ辿り着くまで(予定)の汗と涙の実話である。万が一甲子園出場が決まった場合、選手の名前を公表してしまおうという企画である。