AQOL

「あとひれ・クオリティオブライフ!」他人の時間ではなく自分の時間を生きる。こころについて探求・高校野球をこよなく愛するブロガー。

少年野球・シャトル打ちは正しい練習法なのか検証。「 絶対に甲子園に行くStory vol.10」

f:id:atohire:20170813141105j:image

    自宅練習のひとつ「シャトル打ち」を行って1年半。現在小学4年息子の打率は練習試合込みで4割ほど。

 

神様・イチロー小学時代の打率はなんと5割8分だったそうです。さすがに上には遥かに上がいるものです。

 

もっともっと上を目指すためにこのシャトル打ちを継続していいのか!?いろいろと調べてみました。すると・・・出るわ出るわ・・・。

 

この物語は息子(現小4)の夢・甲子園へ辿り着くまで(予定)の汗と涙の実話である。


〓憧れの甲子園まであと8年6ヶ月。
万が一甲子園出場が決まった場合、選手の名前を公表してしまおうという企画である。

 

2017年甲子園準優勝・広陵高校、中村選手もシャトル打ちで育った。

 いまや時の人である。

2017年甲子園で準優勝・高校ナンバーワンキャッチャー広陵高校、中村奨成選手である。母子家庭で育った中村選手も少年時代はなんとシャトル打ちを行っていたという。

 

youtu.be  

シャトル打ちを勧めるプロ野球選手

■山田哲人(ヤクルトスワローズ)

なんと侍ジャパン・山田哲人の少年時代、このシャトル打ちを行われていたようです。これは貴重なデータですね。

小5から父と自宅マンションの駐車場で行う特訓が日課に。野球経験のなかった知規さんはバドミントンのシャトルを使った練習法を考案。「変化に対応する練習で横や後ろからトスをしていました。シャトルはきれいに当たらないと飛ばない」と理由を明かした。

 引用記事:【特命記者】山田哲人の知られざる少年時代 (4/6ページ) - 野球 - SANSPO.COM(サンスポ)

 

■井口資仁(千葉ロッテ)

元メジャーリーガー井口資仁選手も行っていたとは・・・。このシャトル打ちで職人的な右打ちが培われたのでしょうか!?

中学・高校時代は、シャトル打ちを家でやっていました。
真っ暗な中、電気は街灯だけだったんで、シャトルの黄色だけが浮かび上がるんです。その黄色に合わせてバットを振るという良い練習でした。特に、打つポイントも、シャトルの先はかなり小さいので、きちんと打たないと飛ばないですし。

引用記事:千葉ロッテマリーンズ 井口 資仁選手(國學院久我山高出身) | 2014年インタビュー | 高校野球ドットコム 【千葉版】

 

■青木宣親(メジャーリーガー) 

youtu.be

 現役メジャーリーガー、侍ジャパンの青木選手もおすすめしていたのです。この3選手に共通しているのは巧打者ということ。このシャトル打ちでミート力が相当上がるのでしょうか?

 

高校野球・競合校も取り入れてます。

f:id:atohire:20170812143628j:image

引用:健大高崎 シャトル打ち“珍練習”

■健大高崎(群馬)

軌道破壊の健大高崎も行っていたのですね。やはり「ミート力があがった」と実感しているようです。

投げられたシャトルはフラフラと不規則な動きをしながら、どこに落下するか分からないため、ナインは「ミート力が上がった」「試合勘がよくなった」という。ほかにも「動体視力がよくなって打力もそうだけど、相手投手の癖とかも、今まで以上に見抜けるようになったことで、盗塁の成功率もさらにアップした」との声も。

 引用記事:健大高崎 シャトル打ち“珍練習”

 

■至学館(愛知) 

グランドが無いため練習を合理的に工夫。そのひとつがシャトル打ちだった。シャトル打ちはミート力をあげるだけではなくスペースの無いところでも練習できる超合理的練習方法だったのだ。

引用記事:愛知に学ぶ高校野球! 激戦区を勝ち抜く方法 - 田尻賢誉 - Google ブックス

 

 

野球ユーチューバー「クーニンテレビ」でも紹介!

youtu.be

 

youtu.be

 

 

実際にシャトル打ちを行って感じたメリット5つ

 1.夜間でも行える。

街頭さえあれば行える。夜仕事で遅くなったとしても街頭さえあれば息子の練習に付き合えます。

 

2.狭い場所でも練習できる。

シャトルはあまり飛ばないため広いスペースは不要。またシャトルがなにかにぶつかっても破損する可能性は少ないため思い切りフルスイングできる。

 

3.野球を知らない親でも手伝える練習。

わたしは小学生までしか野球をしてません。アドバイスもできません。そんななか息子に何ができるか考えた時、行き着いたのがこのシャトル打ちでした。

 

シャトルですので比較的コントロールもしやすく素人でもストライクを投げやすいのも利点です。

 

4.ミート力があがる。

プロ野球選手や強豪と言われる高校も取り入れるシャトル打ち。記事などを調べていくとミート力向上があるようです。いまの4割という打率がシャトル打ちによって培われたものかもしれません。

 

個人的には打率6割を目指して欲しい笑。

 

5.変化球が打てます!

これはマジでビックリしたことでした。リトルリーグでは小学生といえども変化球がきます。それをいとも簡単にカーブを長打したのです。

 

シャトル打ちは風により真っ直ぐばかりではありません。天候により右に左に曲がります。そんな状況で打たせた結果が効果を生んだのでしょうか。

 

 

最後に、

これだけプロ野球選手、強豪高校野球高、ユーチューバーと紹介されているということはシャトル打ちは本物のようです。

 

更なるミート力向上に今後も練習継続確定です〜。

関連記事:シャトル打ち!様々なやり方でやることで効果も倍増!(バッティングの基礎練習2) - 中学校野球部!絶対に強くなるヒント集