AQOL

「あとひれ・クオリティオブライフ!」他人の時間ではなく自分の時間を生きる。こころについて探求・高校野球をこよなく愛するブロガー。

【清原和博】ファンがマジで考えた5つの職業。男・清原の将来職業を勝手に考えてみる。

f:id:atohire:20171202062925j:image
 清原和博・覚醒剤事件の記憶もようやく薄れてきた今日この頃。そんな清原だが現在は依存症との闘いの日々なのでしょうね。
 
このような事件は決して肯定はしてはいけない。しかしそれでも清原和博を応援したい気持ちが強くあるのだ。
 

 
時期早々なのは百も承知だがファンとして男・清原和博の将来の職業を勝手に考えてみる。
  
 

1. 少年野球・監督になる。

f:id:atohire:20160525213850j:image
 
 当分プロ野球界への復帰は難しいだろう。高校野球でも受け入れてもらえないかもしれない。
 
しかし少年野球だったらどうだろうか?毎日子供たちと汗水垂らして一緒に日本一を目指す清原和博を見てみたくはたいか?
 
熱く熱くノックをする清原を見たくはないか?勝っては泣き、負けても泣く清原を見たくはないか?
 
西武に入団1年目、日本シリーズ王手で見せたあの涙をもう一度見たくはないか?
 
日本では野球人口が減っているという。少年野球の発展に、しいては野球界全体を熱く盛り上げて欲しい。
 
わたしにも小学4年生の息子がおり野球をしているが、もし清原のチームがあれば喜んで入団を希望する。
 
 

2. 出家をする。

f:id:atohire:20160525214006j:image
 
 まさかの出家。過去の過ちを悔やみながらも修行に精進する。清原には不思議な魅力がある。
 
天国も地獄も経験した清原の説法など修行後にでもぜひ聴きたい。過去にお遍路をした事もあるくらいだから本人も興味が無いわけではないと思う。
 
坊主の清原・・・雰囲気があり似合いそうである。
 
 

3. NPOにて勤務する。

f:id:atohire:20160525214359j:image
 
 田代まさしが非営利活動法人ダルクに入っていたのは有名な話。ダルクは薬物依存症から脱却するためのリハビリ施設で薬物の怖さ、自らの経験などを沢山の人に伝えて悩んでいる人の力になってるようです。
 
清原もなんらかのNPOに所属し世の中の貢献活動はどうだろうか?例えば薬物依存のリハビリの一環として野球を取り入れてみるとか・・・。
 
清原は知名度も高いので企業からの助成金も期待できそうですね。
 
 

4. ブロガー・Youtuberになる。

f:id:atohire:20160525214706j:image
 
 現在は閉鎖されているが、逮捕前のブログは毎日チェックしていた。特に子供への愛は深く、見ているこちらのほうまで心が熱くなった。
 
現代ではなかなか見られない喜怒哀楽を表に出し、弱いところも含めて本当の人間らしさを見れた気がする。
 
そんな天国も地獄も経験した男だからこそわかる、哲学的な部分も含めてぜひブログやユーチューバーなどで見てみたい。
 
また現在は「トクサンTV」「クーニンTV」など野球ユーチューバーも流行っておりますから、「清原和博の野球動画」なんていうのも面白そうである。いや〜そんなのがあったらスマホにかじりついて見るだろうな〜。
 
現在、芸能人のブログやYouTubeは人気がありPV次第では相当な収入になるそうである。安っぽいパチンコ営業などは辞めて頂き、熱い魂のブログや動画を見てみたい。
 
 

5. 陶芸家になる。

f:id:atohire:20160525214630j:image
 
 伝統ある陶芸家に怒られそうであるが、清原和博が陶芸家ってどうだろうか?まさかまさかの職人となる。
 
山に引きこもり汗だくになりながら技を磨く。習得するまでは相当の時間はかかるだろうがぜひ清原和博の作品を見てみたいです。
 
 私的な話だが作品はどんな人間が作ったのか?って大事だ。
 
 
天国も地獄も経験した清原だからこそできる、プロ野球通算525本のホームランを打った手で作られた茶碗(例えば)を買いたい。
 
清原まさかの陶芸家転身!どうでしょうか?
 
 

さいごに

 

 

バカな話だと思って聞いて頂けたでしょうか。しかし私は至って真面目・・・。あのショッキングだった逮捕から数年が経過。清原和博の未来はどうなっているのだろうか?私的にはネガティブには決して捉えていない。むしろ希望さえ感じる。
 
今「清原和博」という壮大なスケールを誇る映画の中盤です。これから中盤から終盤にかけてドラマティックなにかが必ずあるはずだ、ファンとして今後も熱く見守りたい。
 
 
 

清原和博の過去記事(逮捕前の記事もあり)