読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AQOL

「あとひれ・クオリティオブライフ!」他人の時間ではなく自分の時間を生きる。目指すぜ!QOL100%。

花巻東やっぱええわぁ。「花巻東の魅力とはシリーズvol.4」

f:id:atohire:20160919212420j:image

今日は久々に花巻東の試合(秋季大会)を見に行った。大の花巻東ファンなのだが、公式戦を見るのは昨年以来である。最近は息子達の野球に追われ全く持って見に行けなくなった。久しぶりに観戦させてもらったが、やっぱり花東野球は観てるこっちが気分がええわぁ。

【関連記事】

 感動!vol.1 花巻東高校野球部の魅力とは・・・ - AQOL

  

やっぱり地元選手!

f:id:atohire:20160919202952j:image

ほぼ地元選手でチームを編成。なんせスローガンが「岩手から日本一」ですから!野球留学が良いか悪いかではありませんよ!好みの問題です。いつまでも岩手の野球小僧のオールスターであって欲しい。

 

今年は小さい選手を好む傾向か!?

f:id:atohire:20160919204207j:image

身長 170cm以下の小さい選手が10人もいる!これって強豪校にしては珍しいかもしれない。今年のチームカラーの一つなのか。甲子園ベスト4メンバーで一躍有名になった通称カットマン(現在日本大学・千葉翔太選手)は小技や低い身長を逆に活かしストライクゾーンの狭くし四球を狙う。死んじゃったけど佐藤涼平選手も背の低さを活かした選手だったなぁ。そんな背の低い千葉翔太選手からこんな明言が生まれていた。

 

「打率よりフォアボール込みの出塁率」

 

年によってチームカラーが違うのは逆に好きだ!大谷翔平や菊池雄星のような豪快な野球だけではない!個人個人の特徴を活かした野球。常識にとらわれない野球。これも佐々木監督の教えなのだろう。

 

しかし佐々木洋監督すげー!

昨夜の林修の「日曜ファミリア・あのアスリートを一流にした 劇的スイッチ!」を観ただろうか?その番組内で大谷翔平本人が語った一流にした3つスイッチとは・・・

 

1.「佐々木監督」

2.「ドラフト」

3.「二刀流」

 

佐々木監督は大谷翔平の人生に欠かすことのできない人物だったのだ。以前大谷翔平が佐々木監督に影響を受けた言葉の中に「義務と権利」という言葉がある。

 

花巻東の佐々木監督の『義務と権利』

ベンチ入りした20名は
ベンチに入れなかった仲間たちの分も
全力でプレイする義務がある
ベンチ入りできても
打席に立てない仲間もいる
グラウンドに立ったものには
全力で走り抜ける権利がある
『義務と権利』
その言葉を忘れるな

 

佐々木監督が指導する有名な目標達成シート。このシートで日本最高スピード164キロは生まれたのかもしれない。

f:id:atohire:20160919205247j:image

 

【関連記事】

 【高校野球】この高校野球監督に「息子を預けてみたい!」と思わせる5人を選抜してみた - AQOL

 

高校野球は歴史

f:id:atohire:20160919210944j:image

今日は花巻東の試合を観に行ってる最中に、菊池雄星世代のチームメイトを見かけた。その選手見ただけで甲子園での明豊高校戦の今宮(ソフトバンク)との対決や選抜準優勝で頂点に叶わなかった悔しさなど一瞬でフラッシュバックした。

 

つくづく高校野球って歴史なんだなと思う。その世代世代に熱いドラマがあり、その積み重ねこそがファンを作り地元を盛り上げる。

 

鍛え上げた技、一生懸命な姿、

そんな高校野球を観れて今日は幸せだった。