AQOL

「あとひれ・クオリティオブライフ!」他人の時間ではなく自分の時間を生きる。こころについて探求・高校野球をこよなく愛するブロガー。

心が疲れた・月曜日が憂鬱な方へ。「心回復」7つの魔法の言葉 Vol2

f:id:atohire:20170827040222j:image

 「心が疲れた・今辛い方へ」。言葉って本当にすごい。「頭にきたり」「ムカついたり」もするけれど「笑ったり」「嬉しくなったり」「優しくなれたり」「癒されたり」します。

 

この「心が疲れた・今辛い方へ」シリーズは日曜日に見ていただける傾向があります。家族サービスや休日出勤などの疲れを残したまま月曜から仕事という人も多い。本当憂鬱ですよね。

 

そんな憂鬱を少しでも回復していただくべく素晴らしい心回復系「魔法の言葉」を送ります。

【関連記事】

 

1 頭の中を楽しく有意義なことで埋める 

頭から離れて欲しいと願っても離れてくれない苦しい嫌なことってありますよね。苦しくて食欲がなくなったり、動悸がしてきたり、眠れなかったり・・・そんなとき苦しいときありますよね。

 

そんなときだからこそあえて 「頭の中を楽しく有意義なことで埋める 」。簡単なことではないけどね。

 

現代の「心の時代」を生きる最も必要なスキルである。

 

2 お前なんかの短い定規で計るなーーー。

 「あいつはやっているのになんでおまえはできないんだ〜」「○○さん○○高校を目指すらしいよ〜それに比べてあんたは〜」

 

世の中はテレビなどのメディアで洗脳的に作られた短い定規で比較する。いわゆる比較地獄だ。

 

他人に比較されるのも嫌だが、一番最悪なのは自らが他人と比較し落ちることだ。この比較地獄に陥ると底なし沼にハマる危険性がある。

 

他人は勝手に比較するのは変えられない。せめて自分へは世間の短い定規で計らないでください。

 

 

3 大切なのは見えたそこまで道を進むこと

 この言葉は素晴らしいなぁー。「将来を考えすぎると鬱になる」という名言があるがその通りだ。将来の見えない、起こらないかもしれない事に怯える。

 

大事なことは見えているそこまででいいから道をゆっくり進むこと。このtweetは人生について素晴らしい比喩をしている。

 

4 恐れていることをあえてやる

恐れていることをやってみる・・・。これは ある意味上級クラスかもしれないよ。

 

でも何かを変えたいとおもいながらもあっという間に過ぎてしまうのが人生。恐れていることにチャレンジした何回に一回は人生の転機が訪れるという。

 

自分で半ば強引に切り開いていったこと、すごいことです。

 

でも本当はいままでの人生で既にやっているのですよ〜。

 

5 いま一番言われたいこと

 「人生を棒に振れ」この言葉はぶっきらぼうに見えて実は奥深い。限りなく深い。

 

この言葉を奥様に言って欲しいな〜。子供の進学があるから・・・、新居が欲しいから・・・、車が欲しいから・・・。なんか楽しくないねー。世間様にどう思われたいか?世間体で生きているとこうなります。

 

「人生を棒に振れ」人生のスローガンとなりそうです。

 

6 子供の能力を責める親はバカ者です。

 よくぞ言った。「勉強できない」ことを責める親って多いですよね。わたしもアレを見ると笑ってしまいます。だってほぼ自分のDNAやん。自分に怒っているようなもの。

 

そんなことより誰でも備わっているという特殊能力にフォーカスしましょう。出会えればいいですねー。

 

7 「退かぬ、媚びぬ、省みぬ」サウザーに学べ!

北斗の拳・ 南斗聖拳の悪党「聖帝サウザー」だが実はとんでもない名言を残していた。悪党ではあったのだが、この名言は過去の悲しすぎる出来事からきている。「心の時代」を生き抜く現世に最も必要な3大要素だ。

 

おまけ

 この人やっぱおもろいわ〜。

 
 

☆心のおすすめ記事

・仕事で毎日怒られている人に読んで欲しい「リスクと回避技とは」

・心の疲れている方へかけたい言葉 vol.1

・人生を変えるかもしれない7つのTweet。~坂爪圭吾さん心の言葉~

・人生を変えるかもしれない5つのTweet。〜カヤノヒデアキさん人生はアートだ!〜

・人生を変えるかもしれない7つのTweet ~岡本太郎 芸術は爆発だ~