まだ野球やらんの?

高校野球をこよなく愛するブログ。

【高校野球】大阪桐蔭・西谷監督が名言で答える「仮想悩み相談室」

f:id:atohire:20180423195603j:image

  こんにちわ、高校野球をこよなく愛するブロガーあとひれ (@atohire) です。

 

高校野球・名将が高校野球の悩みを解決する「仮想悩み相談室」 へようこそ!

 

「名将...」それは甲子園という戦場で多大な功績を納めた武将である。今回お呼びしている名将は大阪桐蔭の西谷浩一監督です。本日はセンバツ優勝したばかりで多忙のなかお越しいただきました。

※「仮想悩み相談室」その名の通りフィクションです。

 

 

司会:西谷監督、お忙しいところありがとうございます。本日も全国よりお悩み相談が寄せられております。早速聴いて参りましょう。ではよろしくお願いしま〜す。

 

 

 

 

西谷監督:よろしくお願いします!

 

 

 

 

相談①「 大差で負けているとき、選手にどんな言葉をかけますか?」

■ある関東地方の監督(相談者)

ウチも県内では毎年ベスト8に入る学校です。しかしそれ以上は厚い壁となっておりなかなか勝つことができません。最近では野球センスの良い子も入ってきているためなんとか甲子園に行きたいのですが難しい状況です。

 

とくに勝っているときのベンチムードは良いのですが、負けているときは暗い印象です。5点差以上の差がついてしまいますとお葬式のような状態です。

 

いままで数々の負け試合を引っくりかえしてきた西谷監督に聴きたいのです。

 

「チームが大差で負けているとき、選手にどんな言葉をかけますか?」

 

 

西谷監督:オレらの日頃の行ないが悪いんかなぁ。しゃあない、0対0からもう1回や!

 

 

 

 

 

 

 

司会:素晴らしいですね〜。「オレら」がポイントですよね。選手のせいにすることなく監督も一緒にやって行こうという気持ちが伝わってきます。

 

悲壮感は漂わせない。いい意味での明るさと緩さで、選手たちの力を引き出させる。さすが名将ですね〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

球児の相談②「投手のメンタルについて」

■ある九州地方の球児(相談者)

現在、ぼくはチームのエースでキャプテンです。球速もMAX145キロと自信もあります。しかしここぞ!という場面で力んでしまいフォアボールを連発し失点につながっております

 

情けないキャプテンを見てベンチのムードも悪くなりエラーをしたり、打てなくなったり...明らかにみんな慌てます、負のスパイラルです。

 

メンタル面で試合の考え方といいましょうか、改善したいと思います。

 

もし西谷監督がウチの監督さんだったら投手にどのような声をかけますか? 

 

西谷監督:投手へは「今日は総力戦で、後半勝負になる。その後半に、サッカーで言えば”本田投入”の準備はしているから、思い切りいってくれ」

 

西谷監督:野手へは「今日はエースは打たれるからな!」

 

 

 

 

 

 

司会:野手と投手で声かけを使い分けるのですね!一瞬、野手は「えっ!?」という表情になるでしょうが、エースが打たれたときに慌てさせないための予防線を張ります。

 

いろんな言葉で選手たちにイメージを持たせるのが西谷流。西谷監督はメンタルヘルスの資格でも持っているのでしょうか?凄すぎます。

 

 

 

 

 

 

 

エンディング

 

司会:おっと!ここで早くもお時間が来て参りました。西谷監督、練習の合間にありがとうございました。しかしセンバツ優勝は素晴らしかったですね。最後に全国の高校野球ファンへ、夏への意気込みをお願いします!

 

 

 

 

 

 

 

 

西谷監督:センバツは勝たせてもらいましたけど、夏はまた勝たないといけませんし、大阪にはたくさんいい学校があります。また夏の山に登りたいと思います

 

 

 

 

 

司会:オオオオー!出ました「夏の山」!センバツも優勝し、もはや全国の高校球児のラスボス的存在です。最強軍団。止められるチームはあるのでしょうか!?

 

 

 

 

 

 

 

 

※「仮想悩み相談室」その名の通りフィクションです。名言は本当です。

名言参照記事:大阪桐蔭を蘇らせた西谷監督の「言葉学」 選手に浸透した野球観 - ライブドアニュース

 

仮想悩み相談室」智弁和歌山・高嶋監督編はこちらです。

www.atohire.com