まだ野球やらんの?

高校野球をこよなく愛するブログ。

【高校野球】由利工業(センバツ21世紀枠)報徳学園に勝利。初戦・日大三待ってろよ〜。

f:id:atohire:20180319083316j:image

 こんにちわ、高校野球をこよなく愛するブロガーあとひれ (@atohire) です。

 

センバツ・21世紀枠は今年も厳しいだろうな〜なんて思ってませんか?センバツ・21世紀枠の由利工業(秋田)が練習試合で強豪・報徳学園に勝利し話題となっております。

 

確かに21世紀枠出場校の過去4年間のセンバツ戦績は2勝12敗と大きく負け越している。しかしここへきて明るいニュース。今年のセンバツでは番狂わせが起こるか!?

 

21世紀枠・由利工業(秋田)とは!?

 

 秋田3位・東北大会ベスト8

 統廃合という学校の存続が噂されるなか、学校変革に向けて野球部がボランティアなどの活動が活発。学校や地域を元気にしております。野球部副主将が生徒会長を努めているということで、まさに学校と野球が一体となった取り組みですね。そんな球児たちは地元のファンも多いという。

 

センバツ直前練習試合、兵庫の強豪・報徳学園に勝利!

 

 

■ 3月18日(日) 報徳学園戦(練習試合)

由利工業5−2報徳学園

 

このニュースには正直驚きました。昨年センバツベスト4、高校日本代表の小園選手も在籍する強豪校なのです。まさか報徳学園に勝利するなんて。。この冬どんな練習を積んできたのでしょうか。なかでも由利工業エースの佐藤亜蓮投手の評価が高かったようですね〜。やはりエース佐藤の調子がカギを握るのか!?

 

カギを握る佐藤亜蓮投手

 

佐藤亜蓮投手 防御率 2.05 (秋季公式戦)

報徳学園・プロ注目の小園選手も太鼓判!監督さんからもお墨付きを頂いたようです。チーム打率271(秋季公式戦)と厳しいので、やはり佐藤投手のデキが100%勝敗を分けるでしょう。

 

初戦は強豪の日大三(東京)

東京大会1位 明治神宮大会出場

昨年は桜井周斗(DeNa)や金成麗生(トヨタ自動車)などスター選手が在籍し、センバツに出場した強豪校。新チームの強みはなんといっても打力でしょう。チーム打率は脅威の391。

 

■公式戦 チーム防御率・打率などの比較。

日大三 2.69   391    7HR

由利工 2.03     271       0HR 

 

まとめ

 

日大三は確かに強い。とくにチーム打率は脅威だ。しかし強豪、報徳学園に勝利したことは選手の自信になったでしょう。

 

選手は良い意味で勘違いをしてセンバツに望んで欲しい。

 

なぜなら過去21世紀枠で出場したチームのほとんどが試合前から名前負け。緊張で実力も発揮できないまま大敗するパターンが多いと聞いた。強豪に勝ったことは、日大三にも勝つチャンスがあるということ。

 

あるぞ!番狂わせ。いや番狂わせではないのかもしれない。