まだ野球やらんの?

高校野球をこよなく愛するブログ。

【高校野球】野球が好きな才能ありますか?答えは大阪桐蔭・西谷監督が教えます。

f:id:atohire:20180311090154j:image

 お子さん野球が好きですか?野球好きも立派な才能ですよ。高校球界最強の大阪桐蔭・西谷監督の名言です。「見極めは野球が本当に好きかどうか、練習を見れば分かる」野球好きは練習に現れるのです。ではどんなことが「野球が好きな才能」なのでしょうか?

 

 

 「野球が好きな才能」を見分ける要素とは!?

大阪桐蔭の西谷監督は中田翔(日本ハム)へ高校卒業時にこんな質問をしたそうです。

 

西谷監督:「中田、大変だっただろ?」

中田翔:「全然大変じゃなかった、楽しかったです3年間!」

 

厳しい野球の練習をも野球の楽しさに変換できるのが「野球の才能」なのではないでしょうか。普通の選手なら「明日も厳しい練習嫌やな〜」と思うところ「早く練習したい、早く明日にならんかな」と思うそうです。この思考の差はあまりにもデカすぎます。

 

少年野球で考えてみましょう。

・みんなが遊んでいるときに何をしているか?

・試合後に悔しがっているか?

 

小さい子は、野球の練習中でも平気で遊びますよね笑。しかし野球が好きでウマくなりたい子は、その友達の輪には目もくれず黙々と練習を続けます。そんな子がウチの少年野球チームにもいます。当然、野球の方もズバ抜けてウマいですよね。

 

試合で負けた後にヘラヘラしている選手は「野球が好きな才能」的に厳しいでしょう。本当は打ちたい・投げたい・守りたい・走りたいそれがウマくいかずに悔しい気持ちが出ている選手は要チェックです。良い意味で〜。

 

 

「野球が好き」は才能である。

f:id:atohire:20180311090220j:image

・長打力がある

・巧打力がある

・早い球を投げる

・足が早い

・守備がうまい

 

そして。。

・野球が好き

 

 「野球が好き」も立派な才能のひとつです。野球が上達する上で欠かすことの許されない要素が「野球が好きな才能」なのです。

 

過去から現在まで含めて「野球が好きな才能」の大天才がおります。それはミスタージャイアンツの長嶋茂雄氏です。このお方を超えるひとはいないでしょう。

 

頭の中は100%野球、他のことは一切ありません。長嶋茂雄氏が野球のことだけを考えすぎて、こんな伝説を残されております。

 

・息子(長嶋一茂)を遊園地に連れて行くも、息子を置いて一人で家に帰ってきたそうです。「一茂は?」の問いに「う〜んどこかで遊んでいるんじゃないですかね」

 

・犬と散歩に行くも、いつも犬だけ帰ってくる。(本人は迷子になる)

 

・スピード違反で職務質問され警察から「ご職業は?」の問いに「バットマン」

 

「野球が好きな才能」のある人は行動や言動に自然と現れます。しかし、ここまで偉人的なエピソードが無くても大丈夫です。

 

まず少年期に野球が大好きになること。しかし問題は親の強引な押しつけなどでは好きになりませんよ〜。下手だからと言って叱り続けてもこの才能は開花しません。簡単なことではありませんよね。ではどうしたら良いのでしょうか?

 

野球の才能を上げるコツ

f:id:atohire:20180311090315j:image

主に少年期の話ですが。。

まずは少しのプレーでも成功したら褒めましょう。褒めることで「野球が楽しい」と感じます。嬉しいから努力します、自ら考えます。そんなスパイラルに入ったら最強ですよ〜。叱り続けていたら野球が嫌いになります。もう昭和の野球は終わりました。

 

プロ野球もいいですが、やはり高校野球を観せるとよいでしょう。とくに甲子園中継や熱闘甲子園など野球の熱さや素晴らしさが十分に伝わってきます。

 

センバツや夏の甲子園など甲子園に連れて行くのは100点満点です。甲子園球場全体の大音量のなかでも、ピッチャーの豪速球がキャッチャーミットに収まる「ドスっ」という音は迫力的でした。あの歓声、あの打球音、あの涙に感動するはずです。

 

相田みつをさん名言

感動とは感じて動くと書くんだなあ

 

そうです。野球が好きな才能を開花させたければ、野球に感動させることです。感動すれば自然と行動が伴ってくるでしょう。

 

 

まとめ・野球が上達するためには。。

f:id:atohire:20180311090330p:image

野球が好きな才能 × 正しい努力 × 野球センス=野球が上達する

 

野球が上達する上で3つの要素が必要です。その中で一番大事なのが、ここまで説明してきた「野球が好きな才能」なのです。野球センスがあっても野球が嫌いでは上達しません・・・どころか野球をしないでしょうけどね〜。 

 

 

 

まずは野球好きの才能を開花させましょう〜