AQOL

「あとひれ・クオリティオブライフ!」他人の時間ではなく自分の時間を生きる。こころについて探求・高校野球をこよなく愛するブロガー。

雪国の辛すぎるデメリット6つ。もう冬は限界。体調が悪い・鬱っぽい人は「〇〇のない所へ」

 f:id:atohire:20171206215137j:image

最近マジで考える。「雪のない暖かい地域へ行こう」

 

 今日は初雪。例年より早くなかなかの大雪であった。さきほど聴いたラジオの話では「今年はかなり雪の多い冬になる」との見解。そんな冬の期間は1年の1/3はもあり、それを考えただけでゲンナリする。冬は大嫌いだー。

 

 

デメリット1 冬は体調が悪い。

冬はとにかく体調が悪い。24時間怠い。絶好調が全く無い。冬はわたしの体に合っていない。これ一番の理由。

 

ここ数年でメニエール病という病気になり、冬は発作の回数が相当増える。冬は目眩地獄と化とする。

 

デメリット2 雪かきの苦痛。朝から消耗戦。

f:id:atohire:20171206214947j:image

大雪が降った日は膝から崩れ落ちるくらい凹む。雪で車が出られないため、出勤前だというのに雪かきをしなければならない。

 

朝からハードなスポーツ1試合こなす感じ。会社に辿り着く前に汗だくクタクタだ。

 

デメリット3 寒冷地費用がバカにならない。

ある会社では寒冷地手当などというものがあるらしいが本当だろうか!?とにかくお金がかかりますよ〜

 

・スタットレスタイヤ代

・ガソリン代

・灯油代

・ガス代

・電気代

・防寒着代

 

出勤前などは暖気と言われるカチカチに凍った車を暖めてから出勤する。これだけでも相当のガソリンを使うのだ。

 

冬は寒冷地コストが相当伸し掛かる。嫁に聞いたところ

 

通常月と比べて冬は2万円/月は負担増とのこと。冬は11月〜3月で10万円の負担を強いられる。

 

デメリット4 冬期の交通事故が多すぎる。

f:id:atohire:20161110230136j:image

参照:交通事故が発生しやすい時間帯・季節はある? | 交通事故弁護士相談広場

 

年間に1,2回は危ない目に会います。

 

・吹雪で前が見えない。

・凍結時ハンドルが取られる。

・大型トラックなどタイヤのわだちにハマり、バランスを崩しセンターラインからはみ出たことも。

・人が歩いているのが見えない・・・。

 

雪の無い地域と比べて死のリスクは明らかに高い。

 

デメリット5 ロスタイム地獄。

f:id:atohire:20171206215010j:image

 雪が降った場合路面が凍結するため通勤時間が約1.5倍〜2倍になります。

 

事故などで大渋滞し遅刻するリスク大なのです。これで遅刻しても誰も保証はしてくれない。

 

おそらく雪のない地域と比べると、暖気⇒雪かき⇒通勤などの余計なロスタイムが発生。そのロスタイムを見積もってみました。

 

・約1.5時間/日  (暖気、雪かき、通勤往復1.5倍)

・約1.5時間×30日=45時間/月

・45時間/月 × 5か月(降雪期間)=225時間/年

 

なんと年間225時間ものロスタイムが発生。日にしたら9.3日も無駄にしている・・・。

 

デメリット6 日照不足で冬期鬱。

冬季の日照不足は鬱や自殺件数にも影響している。実際に秋田・岩手・新潟など雪が多く日照度が低い場所は自殺率が高い。

 

我々は基本的に太陽の子であり、花と一緒で光が無いと死んでしまう。雪国は人間が住むには合理性に欠ける。

 

 【関連記事】

http://health-to-you.jp/seasonalaffectivedisorder/kisetuseiutu0223/

 

雪国に住むメリットは薄い。

スキー産業以外で「雪歓迎!」 という人はいるだろうか?旅の一時ならいいかもしれない。たまに来る分には雪の景色は綺麗だし、温かい温泉にでも浸かり冬を感じるのもいいだろう。

 

しかし永住するには辛すぎるよ〜。冬の寒さや雪込みで故郷を愛している人はいいだろうけど、そこまでの気持ちは皆無。

 

またパワハラ、ブラック企業など気分が落ち込み、鬱っぽい人は雪のない地域への移住はアリ。

 

四季の少ない赤道直下の国などは脳内のストレスも少ないため体調も安定、科学的にも証明されている。

 

かみさんにマジで相談している。

「沖縄に住もう」