AQOL

「あとひれ・クオリティオブライフ!」他人の時間ではなく自分の時間を生きる。こころについて探求・高校野球をこよなく愛するブロガー。

【高校野球】2018年智弁和歌山、最強説。100回大会・甲子園優勝候補4つの理由。

f:id:atohire:20170819073347j:image

 2018年智弁和歌山は最強だ。新チームは日本一を狙える。そう確信したのは2017年夏の甲子園、大阪桐蔭との試合を観てからである。

 

ファンの間で密かに囁かれている「2018年智弁和歌山最強説」。

 

来年は甲子園100回大会、この節目の大会にどこのチームも照準をあわせている。来年も大阪桐蔭は相当強い。そこで待ったをかけたのが智弁和歌山だ。

 

 

大阪桐蔭との試合は残念ながら1対2の惜敗。しかし大方の予想は選抜優勝の大阪桐蔭の圧勝だったはず。なぜここまで王者を追いつめたのか?

 

高嶋監督もよほど悔しかったのだろう「智弁の名が腐る、今度は叩きますよ」と熱い名言を残して甲子園を去った。しかし来年の新チーム自信に裏付けされた言葉でもあった。

 

1. 大注目の1年生コンビ。

大阪桐蔭戦なんと1年生が大活躍。この1年生コンビの活躍無しにはこの善戦は無かったと言える。そして1年生ながら既に内野を守る。

 

・黒川 史陽(サード) 

・西川 晋太郎(ショート) 

 

この1年生コンビは大阪桐蔭戦エース徳山(選抜優勝投手)から堂々のヒットを放っており、新チームでも守れて打てる間違いなく主力メンバー。

 

「黒川&西川1年生コンビ」来期も期待大ですよ〜。

 

関連記事:智弁和歌山野球部 2017メンバーの出身中学や注目選手紹介!! – 高校野球ミュージアム

 

2. 超・長距離砲バッター2年生コンビ。

 

2017年夏の甲子園、興南(沖縄)戦では2年生コンビが見事なツーランを放った。しかもコンビで5安打など3回まで0−6と劣勢のなか大逆転につなげた。

 

・林 晃汰

・冨田 泰生

 

とくに林は個人的にかなり推している。1年生時からスタメンを勝ち取り、バッティング時の大きな構えと長打力そしてバッターとしての雰囲気は観るものを惹き付ける。現在ケガにより大阪桐蔭戦では最終回代打で登場。しっかりヒットを放つあたりがやはりタダ者ではない。

 

みなさん「林 晃汰」絶対に覚えておいてくださいよ〜。

 

 

3. プロ注目!2年生ピッチャー。

平田龍輝(2年生)はMAX144キロの速球に加え変化球もいい。興南戦では3年生が6点を取られノックアウトした後見事な好リリーフ。 大阪桐蔭戦でも1失点と安定感があり最強の王者とも対等に戦っている。

 

みなさん「平田 龍輝」要チェックですよ〜。

 

4.  監督力。

やはり名将・高嶋仁の監督力だろう。

監督歴37年。春夏通じて3回優勝をしている名将。

 

わたしは高嶋監督の甲子園での仁王立ちが大好きだ。あの仁王立ちがあるだけで選手が安心し、そして見えない闘志・エネルギーをバッターボックスの選手達へ注入する。あの仁王立ちをするようになってから甲子園で勝ちだしたとか。

 

今回の2017年の甲子園、興南(沖縄)戦の0−6からの大逆転劇や絶対的王者・大阪桐蔭との善戦は高嶋監督の力が大きい。久しぶりに智弁和歌山野球を観た。

 

また智弁和歌山の選手は甲子園で良い顔をしていたことだ。どんなに劣勢でも緊張感が張りつめた空気だろうと選手一人一人が良い顔をしていたのが印象的だった。高嶋監督はどんな雰囲気・空気作りをしているのだろうか!?さすがは甲子園に36回も来ている大ベテランだ。

 

関連記事:【高校野球】この高校野球監督に「息子を預けてみたい!」と思わせる5人を選抜。

 

number.bunshun.jp

 

さいごに

来年、甲子園100大会は面白いですよ〜。1年後はどうなっているのでしょうか?

 

今年の主力が多く残る大阪桐蔭に対抗できるのは智弁和歌山しかおらんで笑。

 

■こちらの野球記事もいかがですか!

・【野球】実現して欲しい5つの斬新・練習法。「球を上から叩け」の時代は終わった。

・「高校野球・監督をお願いしたいビッグな5人」ファンが野球革命をマジで考える。

・自主的な練習?監督主導の練習?現代の高校球児にマッチングしているのはどっちだ?

・桑田真澄が高校野球監督になったら!?桑田野球VS大阪桐蔭を見たくはないか!?

・少年野球・シャトル打ちは正しい練習法なのか検証。