AQOL

「あとひれ・クオリティオブライフ!」他人の時間ではなく自分の時間を生きる。目指すぜ!QOL100%。

【働き方改革】ドコモ「会社と自宅での仕事を半々に」10月からスタート!こんな素晴らしい取り組みもっとシェアするべきだ!

f:id:atohire:20170422192835j:image

時代は変わっていく・・・。

今まさに旧ワークマンと新ワークマンの分岐点にいる。そんな中NTTドコモが素晴らしい取り組みを10月からスタートする。

 NTTドコモは20日、働き方改革の一環として、一日の勤務時間を分割して働くことができる「分断勤務制度」を10月から導入する方針を固めた。在宅勤務などと組み合わせて、会社と自宅で仕事を半分ずつこなすといった自由な働き方が可能になる。利用条件を設定した上で、本体を含むグループ会社の2万5000人全員を対象に導入する。

【参照記事】

www.jiji.com

 

ついに時代が動く

f:id:atohire:20170422193429j:image

ドコモの働き方改革、1日約8時間の半分が自宅で仕事ができる。なんて素晴らしいのだ。一番のメリットは家族といられる時間が増えるということだろう。

 

だいたいのサラリーマンが子供の寝る頃に帰宅し、ろくに会話もしないまま1日が終わる。子供といられる時間が2倍から3倍くらい増えるのではないか?

 

好きな音楽を聞いたり、コーヒーを飲みながらリラックスした空間で仕事ができるのは精神衛生上よさそうだ。このような働き方が普及した場合、日本の何百万人と言われる鬱病もひょっとしたら減るのではないか?大きく言うと自殺率の低下にもつながるかもしれない。

 

こういう話題はどんどんシェアすべきだ。どうせしばらくは大手企業のみしかやらないのだ。いや中小企業はやらないのではなくやれないのだ。

 

大手企業の注文や納期に追われ、なかなか自分たちの働き方をアレンジできないのが現状である。

 

いずれにせよ大手企業からでも働き方改革が広まっていくのは人類にとって大きな一歩だ。働く側だけではなく企業側のコストダウンにもつながる素晴らしい取り組みである。

 

いまだに休日出勤して会議してるの?

いまではようやく普及しはじめたウェブ会議。スカイプなどが有名だが、ドコモでも新サービスをスタートする。

オフィスと社員の自宅など複数の拠点をネットでつなぎパソコンで打ち合わせができるウェブ会議システムを売り出す。電話よりも話し声が途切れにくく、会議室に集まっているかのように議論しやすいという。

www.nikkei.com 

 

わたしの会社などいまだに土曜日の休日に隣県の支店が集結し1日中会議をしている。完全に時代に取り残された企業だ。最先端のツールを最大限活用し労働時間短縮をなぜ考えられないのだろうか・・・。本当アホやな。

 

働き方改革、企業取り組み事例

 

個人的にはLINE WORKSは素晴らしいと思う。

 

現在、仕事などで個人のLINEグループを作成し社員間で情報共有している。かなり便利だが情報漏洩など怖すぎる。

 

LINE WORKS導入でセキュリティも安心。スケジュール管理やメールなどすべてができる。現在うちの会社ではサイボウズを使っているが、LINEWORKSに変えてほしい。

line.worksmobile.com

 

それとシェアオフィス、都内数カ所あるオフィスをを取引先などに応じて場所を自由に選択できる。オフィスの賃貸料の削減に加え、社員の移動時間の削減にもなるのでメリットづくしだ。

 

時代はどんどん変わっていく・・・。

大手企業だけではなく中小企業にも波及する日を期待して・・・。