AQOL

「あとひれ・クオリティオブライフ!」他人の時間ではなく自分の時間を生きる。目指すぜ!QOL100%。

厄除けなどのお払いは絶対に一人がいいよ!

厄年にあたる今年、田舎ではクラス会などを兼ねて厄除けを行うのだが、急遽休日出勤の行けなくなった。まあ別に本気で行きたかったわけではないので気にもしていなかった。

 

しかしこの昨今仕事や体調面など気になることが多くなってきた矢先、職場の同僚に

 

 

何か取り憑いてるじゃね!たぶん厄除けしてないからだよ

 

 

そんなの関係ないでしょ。厄年なんて気合いで乗り切ってやる!

 

 
などと強がってみたものの、それを本気で真に受けるのが今のわたしである。「厄払いして厄のせいにはしたくない」そんなわけで急遽一人ボッチで厄除けに行くこととなった。

 

簡単予約

行くとなればすぐ行動である。車で1時間程度の範囲内である程度有名な神社を探す。電話をかけたら今日いますぐにでも厄除けできるという。なんかお払いもコンビニ感覚だなと思いながらも速攻で目的地を目指した。

 

受付では、御布施的な金額は最低5,000円~50,000円まであり、もちろん最低金額5,000円をチョイス。しかし50,000円ってどんな厄除けなのだ・・・。

 

f:id:atohire:20170308115748j:image

受付と同時にひょうたんを渡される。このひょうたんに厄を封じ込めるらしい。しかしこんな小さいひょうたん・・・などと思いながら神聖な場所へ向かう。

 

神聖な気持ち

f:id:atohire:20170308120140j:image

 引用:おおぬさ - Google 検索

神前にはお雛様が飾られこの時期ならではの演出が見える。 日中なのにこの絶妙な屋内の暗さは良い。外はしっとり雪が降っており風情があった。

 

たぶんクラス会的な厄除けですと人が大勢いるためペチャクチャペチャクチャ話しをしてしまうだろうから雰囲気もなにもない。逆に一人ぼっちだと考え深いものがある。

 

とくにあの白い紙のようなシャカシャカしたやつはごっつ気持ちがエエのです。ビジュアルといい音といい心が入れ替わるようである。このシャカシャカの一人占めは最高の気分だ。ちなみにそのシャカシャカは大麻(おおぬさ)というそうな。

 

この厄除けも太鼓に始まり太鼓で終わる、最後は神主さんと軽いお礼を言ってその場を後にした。

 

一人の方がいいよ!

f:id:atohire:20170308120341j:image

いままでも毎年の会社のご祈祷や子供の七五三など参加してきたが、複数人いるなかでのお払いである。しかし一人だと神様がわたし一人見ていてくれそうな気持ちになり実に爽快であった。いままでにないような申請な気持ちになった。こんな初めてのバージンな気持ちこのうえない。

 

何か気分を変えたいとき、何か人生の岐路にたったとき、一人でのお払いをおすすめする。実に気持ちエエですよ!