読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AQOL

「あとひれ・クオリティオブライフ!」他人の時間ではなく自分の時間を生きる。目指すぜ!QOL100%。

WBC日本代表、初戦を終えて。ポジティブな部分、ネガティブな部分が出ましたね。

f:id:atohire:20170307233853j:image

 

2017年WBCがついに開幕しました。韓国代表が2連敗するなど既に波乱も起きているようだ。一方WBC日本代表、独特の緊張感の中、初戦のキューバを11-6で見事勝利。

関連記事:WBC日本代表3つの不安材料。小久保監督が非常采配できるかどうかがキーポイント。

 

ポジティブ①:松田の4安打の大活躍

 本日、松田(ソフトバンク)は5打数4安打の猛打賞&4打点の大活躍である。ベンチでのムードメーカーであり今大会のキーマンになりうるか!?

 

ポジティブ②:筒香、青木、坂本など調子は上向き

 

 日本の4番に初戦にしてホームランが出たのは大きい。松田の影に隠れながらもしっかり3打点を挙げ4番の役割を果たした。青木のヒットや守備、そして強化試合で当たりがなかった坂本も2本ヒットを放った。日本代表の打線は前が悪すぎただけに上向きと言っていいようだ。

 

ネガティブ①:中田の不調

悩める日本の5番打者、中田(日本ハム)は本日も3打数0安打。筒香の後を打つには寂しい限りである。強化試合から存在感を発していない。仮にも昨年の日本一の4番バッターである。しかしシーズン中でも好不調の波は激しかった。しかし逆を言うと、中田の復調が日本代表を牽引すると言っても過言ではない。気持ちが乗ったら筒香さえも凌ぐオーラはある。

 

ネガティブ②:やはり牧田はヤバい

練習試合に続き、キューバ戦最終回もまたまたヒヤヒヤしました。かろうじて0点に抑えたが、初めて対戦するであろう変則ピッチャーのアンダースローに完全にあっていた。素人ファンには不安でしょうがない。

 

本日の総括

やっぱり現在不調の中田翔がキーマンですね。感情で打つ選手だからこそ乗ったら手が付けられない!中田を否定してばかりだが、大好きな選手の一人だからこそ2戦目以降は波に乗ってほしい。もしくわ・・・、2戦目以降も不調も続くようであれば、小久保監督も非常采配をせざるをえまい。

  

過去記事:WBC日本代表、メジャー組続々辞退で萎えた。