AQOL

「あとひれ・クオリティオブライフ!」他人の時間ではなく自分の時間を生きる。こころについて探求・高校野球をこよなく愛するブロガー。

【飲酒運転事故】見守りのおじいさんが小学3年生の身代わりに・・・。やっぱり神様はいないのだ。

f:id:atohire:20170131191040j:image

今日のニュースには愕然とした。あまりの衝撃に絶句する。こんなことって・・・。

 

 

衝撃の事故

1月30日に集団登校の列に車が突っ込み、子供達の集団登校を一緒に寄り添いながら見守るおじいさんが亡くなった。小学3年生も跳ねられたが軽傷。跳ねた運転手からは基準値を超えるアルコールが検出。

 

おじいさんには衝撃の過去が・・・。

33年前に当時7歳の娘さんが車に跳ねられて死亡しており、同じことを繰り返さぬ為に生徒の見守り活動をしていたという。

 

何故こんなに悲しいのか

おじいさんは過去が過去なので、子供達を守る気持ちは相当強かったはず。そうして今まで子供達に寄り添ってきたのでしょう。そんなおじいさんが死ぬことないでしょう。あんまりだ。

 

亡くなった娘さんの心の傷を抱えながら今まで生きてきたのでしょうに、まさかその気持ちが自らの人生に終止符を打たせたとは。

 

だけど、おじいさんは小学校3年生の子供を守り身代わりとなったのだ。自分の中では英雄だよ。おじいさんは意外と使命を全うしたと生き生きして天国に旅立ったんじゃないかな。

 

しかし跳ねた奴は死刑でいいな。

 

 

神様はいない

昔こんな衝撃のニュースがあった。

 

車を運転していた男性は、道路に猫が突然飛び出し、必死に避けようと道路脇にハンドルをきったところ、登校していた道路脇にいた生徒を跳ねて死亡してしまったという。

 

その男性は猫を守ろうと優しいひとだったかもしれない。猫を守って人間を殺めてしまった。この事故を聞いた時「ああ、神様っていないのだな」と思った。

 

今回の事故も被害者と加害者の違いはあれど、あまりにむごい。

 

そう神様はいないのだ。神がいたとしたならこんなこと絶対にさせないでしょう。でもこれで証明された。

 

善人でも理不尽に死んでしまうのだ。

自分の身は自分で守らなければならない。そして人を殺めるリスクのある車の運転を早くやめたい。

 

神頼みなんかは今日で終わりだ。元朝参りなんかもしない。年祝いなどのお祓いも知らん。神はいない。

 

明日からは自分頼みで生きていく。