読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AQOL

「あとひれ・クオリティオブライフ!」他人の時間ではなく自分の時間を生きる。目指すぜ!QOL100%。

今日ハローワークに行って感じたこと。勘違いのポジティブで。

気づき 仕事

f:id:atohire:20161004142909j:image

今日ハローワークに行った。ついに退職を決意し仕事を探しに行ったわけではない。業務都合で従業員のある書類を提出しに行っただけだ。今日はその際感じたことを書こうと思う。

※あくまで素人が見た客観的な意見です。

 

時間が長く感じるだろうな

 f:id:atohire:20161004142946j:image

引用:サンシャインシティ |ハローワーク池袋

混み具合はまぁまぁ。それだけ求職者がいるということなのだろう。内容とすれば求職者へのキャリアカウセリング、求人受付、事務業務として失業保険や離職票など様々な仕事があろう。でも、パッと見た感じ、1日が長いだろうな。

 

 

そんなにバタバタしているわけでもなく、ゆったり余裕すら感じられる。しかしその余裕と引き換えに時間が長く感じられるのじゃないかな。時々腕時計を確認して「まだ○時かぁ〜」みたいなことである。ある意味辛いよな。いや自分耐えられるかな?というレベルだ。

 

自分は仕事内容が濃いので時間があっという間に過ぎる。1日も早い。だけど勤務時間が長いんだよな・・・。

 

職員の方達は労働局管轄のハローワークだけあってサービス残業なんかはもちろん無いでしょうし早く帰宅できるというサラリーマン最大のメリットがある。職員の方達はアフターファイブを楽しむには最高の仕事だけど、1日とてつもなく長く感じるのは嫌だな。

 

どっちがいいんだろうね?

f:id:atohire:20161004143044j:image

職員さんは

・ハローワーク職員は早く帰宅できる

・土日祝完全休み

・休日出勤ほぼ無し

・休みに電話が来ることまずない

・年収・ボーナスは間違いなく格上

・キャリアカウセリングという子供にも誇れる仕事

・有給取れる(完全消化)

・育児休業も気を使うことなく取れる

・自分の子供達に時間をかけやすい

・なぜか綺麗な人が多い!(まじです)

 

などなど短時間でこんなにも浮かんだ。唯一時間が長いところだけが超ネックだ!

 

時間が長く感じられるストレスは、職員の超メリットすら凌駕する!

 

 

 

 

 

と自信を持って言いたいところだが、どう考えてもハローワークの職員さんには到底かないません。また得意の比較で凹んでしまった・・・。

 

今の仕事に少しでもポジティブさを

f:id:atohire:20161004143410j:image

それでも今の仕事に小さなポジティブを一つでも見つけられたことは幸せ探すアンテナの感度を上げていたからかなぁ。

 

人は比較する生き物と言われるけど、真面目に比較する脳回路を破壊してくれないかな。結局幸せ探すアンテナも誰かとの比較の上成り立っていることが多い。もっと違う次元に行きたい。

 

それでも日々の気持ちのポジティブを、心のプラスを自分で補充しないと鬱になってしまうから、馬鹿かもしれないけど勘違いのポジティブで行きていく。これが一時期有名になった「鈍感力」というものだろうか。まぁそんなことをハローワークを通じて考えた今日でした。