読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AQOL

「あとひれ・クオリティオブライフ!」他人の時間ではなく自分の時間を生きる。目指すぜ!QOL100%。

【高校野球】2016年・甲子園で感じた5つこと。優勝は作新学院!

高校野球

 第98回全国高等学校野球大会が無事閉幕。優勝は江川卓の母校である栃木県代表の作新学院である。決勝戦、北海高校を7-1で圧勝しての全国制覇だった。

f:id:atohire:20160823144920j:image

 今年は前評判の高かったチームが地区予選で敗北。個人的に寂しい甲子園になると思っていた。

【関連記事】

 【高校野球】強豪校が次々敗退した5つの理由。 - ぎぜんしゃの足あと

しかしやはりそこは高校野球、新たなヒーローが出現し思い出深い甲子園となった。そんな甲子園を個人的に振り返ってみようと思う。

 

 

センバツに出場しないチームが優勝する!?

2016年優勝   作新学院

2015年優勝   東海大相模

2014年優勝   大阪桐蔭

2013年優勝   前橋育英

 

ここ4年、夏の甲子園優勝チームは春の選抜にすら出場していない事がわかった。これはいったいどういう事なのだろうか?秋季大会で早々に敗北し、その悔しさを力に変えた結果なのだろうか。

 

また選抜に出場すると選手個々の弱点などが露呈され、夏は研究されつくし不利になるという話もある。

 

関東と関西から優勝チームが出る

f:id:atohire:20160823183909j:image

最近の傾向として2011年以降、甲子園優勝チームは関東と関西のから出る傾向がある。とはいえ関西は大阪桐蔭のみである。これを踏まえるといかに関東のチームのレベルが突出しているかがわかる。

 

「上から叩け」は既に昔のこと

投手レベルも高かったが、打撃のチームが目立った甲子園だったように思う。バントはせず強行で打たせる見ている方としてはなんとも気持ちのいいチームが多数あった。

 

そんな中、打撃論にも変化してきている。大谷翔平(北海道日本ハム)や柳田(福岡ソフトバンク)など超アッパースイングに影響され選手も導入しているというのだ。レベルスイング(水平)が主流の中、アッパースイングなど選手にあったスイングを指導しているらしい。

 

「上から叩け」は既に昔のことである。

 【関連記事】

【高校野球】甲子園 柳田や大谷の影響でアッパースイングが増加?: 多趣味です。武士道みつけたい

 

好投手の温存が成功するかどうか

横浜、履正社、花咲徳栄がエースを温存し失敗している。このような敗北は監督がことごとく叩かれるパターンである。しかし5勝しなければ優勝できない甲子園ではどこかエース温存する試合が不可欠でリスク覚悟の采配なのです。

 

優勝した作新学院の今井投手は、準決勝の明徳戦で試合の後半温存に成功している。このエースの温存が成功したかどうかが優勝への明暗を分けた。

 

やっぱり藤嶋だ!

f:id:atohire:20160823184147j:image

これはもう完全に個人の趣味だが、東邦高校の藤嶋の男気に惚れた。大会前は絶叫エースなどと言われていたが、今大会は絶叫どころか終始笑顔だった。

 

藤島はストレートで三振を奪った際に絶叫する事が多いらしく、八戸光星学院はあの絶叫を出して東邦ナインが波に乗る事のないよう作戦を組んでいたとか。

 

また今回はキャプテンという部分もあり、あまり熱くなりすぎないようにとのナインに対しての配慮だったのかもしれない。

【関連記事】

atohire.hatenablog.com

atohire.hatenablog.com

 

 

さいごに

甲子園が終わると超絶寂しい。来年は99回大会、清宮(早稲田)もおそらく甲子園に帰ってくる。また明徳の馬淵監督も早々と優勝宣言をしている。もう来年の夏まで待ちきれない。

 

 

【関連記事】

【高校野球】この高校野球監督に「息子を預けてみたい!」と思わせる5人を選抜してみた

【高校野球】私が高校野球監督だったら!?漫画のようなオリジナルチームを作るべく10のこと。

【高校野球】夏を終えた高校球児のお父さん、お母さんへ