AQOL

「あとひれ・クオリティオブライフ!」他人の時間ではなく自分の時間を生きる。こころについて探求・高校野球をこよなく愛するブロガー。

「死にたい」と言われて素人のできること。

f:id:atohire:20160617154737j:image

あなたは友人・知人に「もう死にたい」「生きるの疲れた」などと言われた事はないだろうか?

 

私は「リスカした」とLINEで写真付きで送られてきたこともあります。

 

日本では年間3万人の自殺者がおり、少しでも減らそうと国やNPOが対応している。専門家まで繋がれば良いが、友人・知人で止まり、対応を間違えば死んでしまうこともあるらしい。素人が良かれと思っておせっかいをやくととんでもない事になることも。

 

でも「死にたい」と言われて何て答えていいか本当わからないですよね。過去に自殺願望のあった友人が言っていたことを書こうと思います。

 

 

 絶対に否定をしない

f:id:atohire:20160617154806j:image

どんな話だろうと、たとえ違う?と思っても絶対に否定しない。逆の立場だったら

「そんなのどこでもある話だ」

「そんなんじゃどこでとやっていけないぞ」

などすぐ否定をする人には話たくありませんものね。

 

 

アドバイスをしない

f:id:atohire:20160617155224j:image

基本的に聴いてほしいので、解決策を教えてほしいわけではない。自分の知識であーだのこーだの言われて結局いつの間にか聞き手が話し手になり、かえってストレスが溜まることになる。可能な限り傾聴に徹する。

 

 

つなぐ

f:id:atohire:20160617155229j:image

自殺尺度として

1.なし

2.軽度(死んだ方がマシ)

3.中度(計画をするがやる気はない)

4.重度(計画と方法がある)

5.極度(自殺未遂)

 

重度以上であるならば、専門家につなぐ必要があります。自殺を遂げた約7割が、行動の前に家族や他人に自殺願望を打ち明けているというのだ。

 

つなぎ先として

http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/link/soudan.html

 

こちらは深夜もやってます

いのちのつながり|自殺対策支援センターライフリンク 

 

 

環境を変えることは悪ではない

f:id:atohire:20160617221021j:image

「逃げていいんだよ」だと自己嫌悪が残るらしいので「環境を変えてみたら?」の言葉にとても気持ちが楽になるのを感じたのだという。環境を変えるとは・・・ 

 

・仕事を辞めること

・実家に帰ること

・恋人や友人と別れること

・スポーツや趣味から離れること

 

とにかくシンプルにストレスを感じることから離れることだという。ここまでくると心の充電が必要な状態である。充電とは自分が心から落ち着ける、リラックスできる場所でゆっくりすること。

 

環境を変えることは悪ではない

 

日本ではなかなか理解を得られにくいかもしれないがカウンセラーや友人などわかってくれる人はわかっている。

 

 

比較をしない

f:id:atohire:20160617155451j:image

日本は豊かになったはずなのに、自殺する方や鬱病が絶えない。なぜだろうか?単純に比較だと思う。テレビでは綺麗すぎるお姉さんが歌を歌い。最近では男性も綺麗化している。高学歴が良しとされ、金持ちになりたいと皆は言う。

 

1億2000万人のほとんどが普通の人間であり。このような方達に到底叶うものでない。このような華々しいゴールをいつの間にか親、学校、メディアなどに洗脳されてきた。

 

貧富の差だけでなく外見の差やいろんな差を意識しだすと心の疲れにつながる。

 

人間は可愛い、カッコいい、頭いい、金持ちだけが良いのではない。その人ならではの味が間違いなくあると信じている。

 

他人と比較せずに自分がイイと思ったのが一番イイと思えるように。

f:id:atohire:20160617155229j:image

 

そんな輪を日本中に広げたいものである。

 

 

👍 こちらの記事もどうぞ