AQOL

「あとひれ・クオリティオブライフ!」他人の時間ではなく自分の時間を生きる。目指すぜ!QOL100%。

【変人】身近にいた4人の強者達。「フラれた仕返し陰毛事件」「人の家でオ〇二ー!?」「幽霊レーダー」など

f:id:atohire:20160503143112j:image
過去を振り返るとびっくりするような変人達がいる。私は変人が大好きだが一歩間違えると危ない危ない輩達である。その変人達は強固な自分の世界を持っており、誰も立ち入ることは許されない。
 
今日はそんな変人達を紹介しましょう。どうぞドン引きしてください。この話は事実です。
 
 
 

振られた仕返し

数年前の部下が職場の女の子に恋をした。片思いだった。
その女の子には彼氏がおり、かなわぬ恋だった。部下のあまりのしつこさに女の子の態度が冷たくなった。当然のことである。
 
ある日、その女の子から号泣しながら私に電話がかかってきた。
 
「下の毛が・・・」
 
その女の子は部品の検査をしていたのだが、その部品に陰毛がゴッソリ混じっていたらしい。奴の仕業であることは明確だった。職場でも大問題となり、夜には女の子の母親から激怒の電話もあった。
 
翌日奴は自主してきた・・・。自分の陰毛を沢山抜いたらしい。その後自主退社していったわけだが、退社間際奴が名言を残していった。
 
「人は本気で人を愛すると狂いますよ」
 
 
 

突然の愛の告白

f:id:atohire:20160503143753j:image
これも数年前の部下の話である。
前の部署は基本静まり返った雰囲気で各自がパソコンに向かっている。そんな中でなんの前触れもなく突然
 
「〇〇さん!私の○○○になってください!」
※○○○はあまりにも恥ずかしくて書けません。各自で想像なさってください。
 
普通突然言われた方は唖然とするものだが、間もあけずキッパリと
 
「無理です」
 
あまりのやりとりに愕然とし膝から崩れ落ちた。あのシュチュエーションで告白した方もあっぱれだが、間もあけず、あの返しも素晴らしかった。
 
 

幽霊レーダー

f:id:atohire:20160503143804j:image
 これも今はいない部下の話である。2交代で夜勤もこなしていた。性格はいたって真面目である。ある方から苦情があった。夜になるとその人の方からなにかが鳴っているというだ。
 
翌日問い詰めたところ、なんとアンテナが伸びる携帯電話ほどの大きさの怪しげな機械を忍ばせていた。これはなんだ!と聞くと真面目な顔で「霊の探知機」だというのだ。
その人曰くこの職場には霊がたまに現れるという。幽霊が怖いので持っていたとのこと。おまえの方が怖いわ!と内心で叫んでいた。
 
ちなみにその幽霊レーダーとやらのお値段15,000円!なんとリーズナブルなことか・・・。
 
 

人の家でオ○ニー

こ奴は友人の友人である。頭は天然パーマでモジャモジャ。趣味はダンスでキレキレである。
 
聞くところによると父母は優秀な方で兄弟も優秀、本来サラブレットなはずだった。しかしその優秀さが怪しげな方面へ向いてしまったらしい。しかも好きになる相手は男も女もOK!という両刀使いである。
 
話す言葉もこの世の者とは思えない発想である。イメージ力がハンパではなく、ふと気を許すと妄想の世界へ入ってしまう。
 
ある夜、友人のアパートで数人と遊んでいたところ、フッとみると部屋の片隅でブツブツ言いながら自分の世界に入っていた。と思ったら突然パンツを脱ぎだし、ブツブツ言いながらなんとオ○ニーを始めたのだ。
※決してお酒を飲んでるわけでもなく、麻薬でもございません。
 
友人数人見ている前での出来事である。奴にはそんな事は関係無いのだ。完全に自分の世界に入り結界を張っている。こちらもその辺で射精されても辛いので決死の覚悟で止めたのだった。
 
しかし奴も治らなかったのか今度はトイレに鍵を閉めてこもりはじめた。ブツブツなにか聞こえる。間違いなく中やっていただろう。
 
その後、この部屋の出入り禁止を余儀なくされた。
 
 
 

まとめ 

f:id:atohire:20160503143121j:image
確かに一歩間違えれば犯罪者、変質者かもしれない。でも世の中の新しいことは意外とこんな方から発明されるのかもしれない。
 
そしてこの方達は強固な自分の世界を持っており幸せなんだと思う。人の意見や人の視線なども関係ない。
 
 
この前車を運転していて思ったことがある。眼鏡をかけた太った怪しげな男がヘッドホンをしながらニヤニヤ不敵な笑みを浮かべながら歩道を歩いていた。
 
 
この男には断固たる自分の世界があっていいなあ