AQOL

「あとひれ・クオリティオブライフ!」他人の時間ではなく自分の時間を生きる。こころについて探求・高校野球をこよなく愛するブロガー。

コレステロールを下げる薬って本当に意味ないのか?

私はコレステロールが昔から高いといわれております。

部活バリバリの高校時の健康診断でもコレステロール高値で引っかかり診断結果は「運動不足です」。なんじゃそりゃ。

 

コレステロールが高いと動脈硬化のリスクがあり、最悪は血管がつまって死亡するというものです。

目次

 

コレステロールは遺伝するのか

f:id:atohire:20151203224900j:image

食生活も問題なく、インターハイに出場するほど運動していたのにコレステロールが高いのは、もはや体質でしかない。ちなみに母親もコレステロールが高い。そういえば母親方のお爺ちゃんが脳梗塞で突然亡くなっている。あれもコレステロールが関係しているのだろうか。因果関係はわからないが非常に気になるところである。

 

現在私が飲んでいる薬

f:id:atohire:20151203194406j:image

 ゼチーアというコレステロール値を下げる薬をかれこれ5年以上飲んでおります。この薬で劇的に下がることはない中飲み続けており、費用も結構かかります。それでもこの薬を一生飲み続けなければならないのでしょうか?そんな疑問があり、初めて自分の飲んでいるコレステロールを下げる薬を調べて見ました。

 

副作用

すると・・・

かなりの数の副作用があり愕然としました。

便秘、発疹、下痢、腹痛、腹部膨満、吐き気・嘔吐 

・呼吸困難、まぶた・唇・舌や咽頭の腫れ、発疹 [過敏症]、

・筋肉の痛み、手足の力が入らない、赤褐色の尿 [横紋筋融解症]

・体がだるい、食欲不振、吐き気・嘔吐 [肝機能障害]

 

それでもすべての副作用を記載したものではないと書いてありました。中には自覚症状があるものも・・・。コレステロールに限らず薬の副作用とはこんなものなのでしょうか?

 

コレステロールのこんな記事が

そんななか

コレステロールにまつわるこんな記事を見つけてしましました。

 


 ショッキングなキーワードが

 ・コレステロールの薬は世界一売れている。

・調査結果をもとにコレステロールの常識を学会で批判したが、誰も受け入れようとしなかった。

・儲かる薬のため、誤りを認めるわけにはいかない。

・薬を出しておけばいいやという医者が少なくない。

・薬漬けにされた患者は病院を定期的に訪れることになり経営的に都合がいい。

・コレステロールを下げるための投薬は心不全などの副作用。

 

何が真実なのですか?

f:id:atohire:20151203225440j:image
ショックです。今までかかりつけのお医者さんを100%信じてきました。何が真実なのでしょうか?本当のことを教えてください。人の健康は二の次ですべて利益優先主義なのですか?

 

こうなってきますとコレステロールに限らずなにもかも疑うようになってきました。

大企業は経営理念に社会貢献というキーワードを高々とかかげております。利益を出し納税を通して社会貢献にはなりましょう。しかし社会貢献の前に人間貢献でしょう。

 

人にとって一番大切なことは何でしょうか?

 

かねかねかねと金追いかけても

行きつくところは一体どこなの?

相田みつを

 

今後も薬を飲見続けるかどうか?についてはもう少しリサーチしてみて決めようと思います。しかし少なくともお医者さんを100%信用することはやめようと思います。

 

 

人気記事セレクション

心が疲れている方!少しだけ気持ちが楽になるかも・・・ - あとひれ始末書

・ 自殺現場に遭遇しました。その後、自分に起こったこととは? - あとひれ始末書

「お給料は我慢料?」自分にとって仕事ってなんだろう?気づきを得る5つのこと - あとひれ始末書