読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AQOL

「あとひれ・クオリティオブライフ!」他人の時間ではなく自分の時間を生きる。目指すぜ!QOL100%。

「おばあちゃんの霊」飲んでいる最中に現る!?そして翌日衝撃の出来事が・・・。

不思議 奇跡 スピリチュアル

こんなことってあるのか? そんなお話です。

 

数年前ある仕事関係で知り合った方数人と夕食をご一緒した時の話である。

f:id:atohire:20151125153544p:plain

 
美味しいものを食べて、飲んで、とても楽しい時間が続いていた。そんな時、ご一緒させて頂いていた女性がトイレから戻ってきて突然に・・・
 
 
「今、おばあちゃんとお話したよ」という。
 
 
フリーズした。
確かにうちのおばあちゃんは亡くなって1年が過ぎる。しかしなぜこの人亡くなった事知っているのか?もちろん言った記憶は無いし、TwitterにもFacebookにもあげていないのに。愕然としながら話を聞いていくと・・・。
 
 
「おばあちゃん甘いもの好きでしょう!最近あなた実家に帰ってないから、今度拝みに行く時に甘いものでも買ってってあげてね!」
 
 
またもや愕然とした。
おばあちゃんは家の隣に小さな作業場を作り「まんじゅう」をこさえていた。まんじゅうは産直などに出しており、特によもぎまんじゅうには定評があり、テレビの取材もあったほどの腕前であった。それくらい甘いもの「まんじゅう」を愛していたのだ。
 
 
結構飲んでいたのだが、酔いから醒めて一気に鳥肌が立った。その方は霊感があるらしく、おばあちゃんとのお話を共有してくれた。しかも私の家族しか知りえないことまで知っていたのだ。
 
 
 

そして翌日の事である。

f:id:atohire:20160118224102j:image
 
たまたま急な仕事で実家の近くを通る事となり、前日の言われたことも気になっていたのでスーパーで「まんじゅう」を買い実家へ向かう。
 
まんじゅうの入った買い物袋をぶら下げて玄関をあける。
 
「ただいまぁ!ばあちゃん拝みにきたよ〜」
 
母さん父さんが出迎えてくれているが、どうも顔色がおかしい。まぁ帰るの久しぶりだし突然連絡無しで行ったからかなと思っていた。
 
ところが、母さんが一言
 
 
「あんた今日何しに来たの?
おばあちゃんの誕生日わかってきたの?」
 
 
 
 
 
 
大フリーズ~~~~~。
もちろん誕生日など知らなかったし、しばらく放心状態となっていた。昨夜の経緯を話すと母さんは涙を流した。
 

偶然?必然?

f:id:atohire:20151125153555p:plain

 
たまたまの1/365日か?
それともおばあちゃんに呼ばれたのか?
 
しかしこんな事ってあるのかな。
たまたまこのタイミングで仕事が入るものなのかな!?
 
ちなみにその霊感のある方が教えてくれた事がもう一つ。
 
おばあちゃんは私の守護霊となり守ってくれているらしい。
 
私が小さい時、お腹空いたらオムレツやホットケーキを作ってくれたね!今も守ってくれてるんだ、ありがとうね!おばあちゃん。